Tag: strine

Let’s Barbie! Aussie-Style BBQing for the Japanese!

Australia beef is the most visibly successful Australian export to Japan, leaving considerable distance to its closest rivals, which these days are probably Tim Tams, Miranda Kerr and hordes of drunken ocker snow bunnies in country towns like Niseko and Hakuba.
To be honest, Oz doesn’t really enter the consciousness of most Japanese, except for Aussie Beef, which is probably the first thing that comes to mind for many Nihonjin when asked about Oz.
And this year, Meat & Livestock Australia Ltd (MLA) is going all-out to try and convert Japanese consumers to worshiping the barbie in much the same manner that many Aussies do.
MLA is conducting a huge Let’s Barbie campaign to encourage people to use the summer months to enjoy munching away on some good old tucker.

The Let’s Barbie pop-up store in Tokyo’s trendy Aoyama district

And they’re using Strine to do it, too, with part of the campaign involving a pop-up shop placed smack-bang in the middle of Aoyama, one of Tokyo’s trendiest districts, and a huge sign urging passers-by to “barbie!”
The pop-up shop is offering demonstrations of cooking, Strayan-style, and serves up three different kinds of steak and salad “meat parfaits.” There’s Beauty, with lime and ginger, Genki, flavored by chili pepper and garlic, and Let’s Barbie, with lime and mint. All are delicious and served in a cup with salad and mashed spuds.
Part of the campaign is teaching the Japanese about how Aussies barbie. Here’s what the official Let’s Barbie campaign website says about the Barbie…

About the Barbie

What’s a Barbie?
Barbecue Superpower Australia calls barbecues “barbies” and 3-4 times a week, (Aussies) enjoying tucking into thick-cut, Aussie Beef steaks and fresh salads anytime, anywhere. You can relax and enjoy them, and everybody’s all smiles out in the wilds of nature, which brings everybody closer. And the communication tool that brings that about is the Aussie-style barbecue: The Barbie.
Aussie lifestyle is about not putting on airs, and the real thrill of the barbie is being about enjoying communication with your mates and your family.


It’s hard to see what sort of impact the campaign will have. Japanese tend to be great barbecuers, anyway. And while many would gladly abide by the campaigns exhortations to get out and enjoy a good steak with your mates, most are stuck inside the office waiting for the boss to go home before they have any hope of being able to leave.

Related links
Barbie (Strine Strife)
Barbie (Yabai-lingual)
Barbie (Go-cabulary)

日本が世界ヒットの引き金となった「Mad Max」のゲームが豪訛りを拒否し、オージーゲーマーが噴火

MaxStillI 日本と深い関わり合いがあるオーストラリア現代文化に根強く愛されている「マッド・マックス」映画シリーズのゲーム版最新商品が豪訛りのマックスが登場しないことによって多くのオーストラリア人の間で怒りを感じさせている、とNews.com.auが報道している。
 「マッド・マックス」が1979年公開映画であり、オーストラリア国内でヒットした後、日本で公開し、大ヒットとなった。そこからヨーロッパ諸国へ同じような成功をおさめ、最後にアメリカにも人気を呼んだ。1970年代「オーストラリア・ニューウェーブ」映画ブームの一作であり、1985年までメル・ギブソン氏を主役として続編2作も世界中に大ヒットした。今年、トム・ハーディを主人公マックス役で27年ぶり四作目「マッド・マックス・フューリー・ロード」を公開する予定だ。
MadMaxLogo 「マッド・マックス」の影響は、オーストラリアにとって偉大なものだ。
 一般映画ファンにとって人気なので興行収入が三作合わせて数億ドル及んで、ギブソン氏自身が1980・1990年代ハリウッド有数な俳優兼監督となった。「オーストラリア・ニューウェーブ」の成功例として見られるようになって、多くなオージーが誇りに思ったオーストラリア映画の一作でもあった。1980年代アメリカでの「オーストラリア人気」にも大きく貢献しただろう。典型的なオーストラリア映画と言っても過言ではない。
 しかし、その高い誇りに逆撫でする面もあった。もっともっとオーストラリア映画なのでオーストラリア訛りが特徴の一つだった。1作目がアメリカに公開した1981年にはアメリカ人がオーストラリア訛りが分からないだろうとされて同じ英語でもアメリカ訛り吹き替え版で公開された。当時、オーストラリア英語があまり国外で披露されることがなくて「視野が狭いアメリカ人がそのもんだ」と思われ笑い飛ばされた。
 だが、今も同様な状況となっている。
MadMaxGame 4作目の公開に伴って新しいビデオ・ゲームが公開することになっている。
 6月13日、本社がスウェーデンにあるアバランチ・スタジオ社が「マッド・マックス」ビデオ・ゲームを公開すると発表し、予告編の動画を披露した。
 だが、ゲームに登場するマックスは、アメリカ訛り英語で話している。
 元の映画の吹き替え版の例があってにもかかわらず、今回のゲームでアメリカ訛り使用によってオーストラリアで反発を呼んでいる。
 「キャラがオージー・ゲーマーに深く愛されているのでこのように勝手に帰られてオーストラリア人じゃなくしたのはオージー・ゲーマーにとって侮辱的だ」とAusgamers.com編集長スティーブン・ファレリー氏がいう。

Mad Max video game ditches Australian accent in ‘affront’ to the country

Mad Max I Trailer

Mad Max II Trailer

Mad Max III Trailer

Mad Max Video Game Trailer

豪のクリスマス・ソング:Twelve Days of Christmas Aussie Style

BeachSanta クリスマス・ソングと言えば恐らくまずこの「クリスマスの12日間」を思い浮かぶ人が多いだろう。
 それで、珍しいがオージー版もあるんだ。
 曲の流れやメロディが伝統的な曲と同じだが、「梨の木のヤマウズラ」などじゃなくてもらう物がコアラなどオーストラリア独特なものだ。

TWELVE DAYS OF CHRISTMAS AUSSIE STYLE
On the 12th day of Christmas
My true love sent to me
12 parrots prattling,
11 numbats nagging,
10 lizards leaping,
9 wombats working,
8 dingoes digging,
7 possums playing,
6 brolgas dancing,
5 kangaroos,
4 koalas cuddling,
3 kookaburras laughing,
2 pink galahs,
And an emu up a gum tree

An Aussie Chrissie (オーストラリア独特な英語によって物語れている物語)
Strine Dictionary

豪のクリスマス・ソング:Six White Boomers

SixWhiteBoomersオーストラリア風のクリスマス・ソングの中では「Six White Boomers」が伝説的な存在となっているかもしれない。
 理由が多数ある。
 まずは、1960年にリリースされたので恐らく初めて広く知られたオーストラリア風のクリスマス・ソング。
 そして、歌ったのはロルフ・ハリス氏という多彩なパフォーマーだった。今でも82歳にもなっている同氏がイギリスでは「典型的なオージー」を思い浮かばせるだろう。
 同氏がオーストラリア・イギリスを始め、広く・深く・長く愛されている。歌だけでなく、絵も上等、話術も最高だし、漫画もすぐる手入るし、少年時代では水泳チャンピオンだったハリス氏。
 この曲はサンタがオーストラリアにやってきた時にはトナカイの代わりにカンガルーの力でゾリを動かしたという話だ。
 曲にでるブーマーは「熟成している雄カンガルー」という意味だ。

SIX WHITE BOOMERS
Early on one Christmas Day, a Joey Kanga-roo,
Was far from home and lost in a great big zoo.
Mummy, where’s my mummy? They’ve taken her a-way.
We’ll help you find your mummy, son. Hop up on the sleigh.

Up beside the bag of toys little Joey hopped,
But they hadn’t gone far when Santa stopped.
Unharnessed all the reindeer and Joey wondered why,
Then he heard a far off booming in the sky.

Six white boomers, snow white boomers,
Racing Santa Claus through the blazing sun.
Six white boomers, snow white boomers,
On his Australian run.

Pretty soon old Santa began to feel the heat,
Took his fur-lined boots off to cool his feet,
Into one popped Joey, feeling quite okay,
While those old man kangaroos kept pulling on the sleigh.

Six white boomers, snow white boomers,
Racing Santa Claus through the blazing sun.
Six white boomers, snow white boomers,
On his Australian run.

Joey said to Santa, Santa, what about the toys?
Aren’t you giving some to these girls and boys?
They’ve got all their presents, son, we were here last night,
This trip is an extra trip, Joey’s special flight.

Six white boomers, snow white boomers,
Racing Santa Claus through the blazing sun.
Six white boomers, snow white boomers,
On his Australian run.

Soon the sleigh was flashing past, right over Marble Bar,
Slow down there, cried Santa, it can’t be far,
Come up on my lap here, son, and have a look around.
There she is, that’s Mummy, bounding up and down.

Six white boomers, snow white boomers,
Racing Santa Claus through the blazing sun.
Six white boomers, snow white boomers,
On his Australian run.

Well that’s the bestest Christmas treat that Joey ever had,
Curled up in mother’s pouch feeling snug and glad.
The last they saw was Santa heading northwards from the sun,
The only year the boomers worked a double run.

Six white boomers, snow white boomers,
Racing Santa Claus through the blazing sun.
Six white boomers, snow white boomers,
On his Australian run.

An Aussie Chrissie (オーストラリア独特な英語によって物語れている物語)
Strine Dictionary
Rolf Harris Official Website

豪のクリスマス・ソング:Christmas on the Station

santa_on_beachs 故スリム・ダスティ氏は恐らくオーストラリア最大なカントリー・ミュージック歌手であり、多くのオーストラリア人にとっては多くの日本人にとって美空ひばりのような存在感があった人だった。
 彼が歌ったオーストラリア風のクリスマス・ソングが以下のものだった。
 これがステーションと言うオーストラリアの巨大牧場でのクリスマスを祝う話だ。
 ちなみに、同氏が1957年に「ビールがないパブ」と言う曲によって世界中に大ヒットを出したオーストラリア人アーティストだった。同曲がページしたにあるので、お楽しみください。

CHRISTMAS ON THE STATION
Oh there’s going to be dancing and singing,
At the old homestead tonight,
Going to be carols ringing,
Through the warm Australian night,
Dance on the homestead verandah
To an old time fiddle tune,
There’s going to be an old time party
With Christmas coming soon.

Oh we wont have no sleigh ride
We’ll go swimming in the creek
But all the kids and relations
Who are staying for a week.
The campfire’s blazing rightly
Steak on the barbecue,
Welcome all the neighbours in
Were putting on a do.

There’s going to be dancing and singing
At the old homestead tonight
Going to be carols ringing,
Through he warm Australian night,
Dance on the homestead verandah,
To an old time fiddle tune,
There’s going to be an old time party,
With Christmas coming soon.

Oh the kids are hanging stockings,
And there’s one for me and you,
Santa’s wearing moleskins,
And a shirt of faded blue,
The kitchen tables loaded,
With ham and chicken too,
Welcome all the neighbours in,
Were putting on a do.

There’s going to be dancing and singing,
At the old homestead tonight,
Going to be carols ringing,
Through the warm Australian night,
Dance on the homestead verandah,
To an old time fiddle tune,
There’s going to be an old time party,
With Christmas coming soon.
Oh there’s going to be an old time party,
With Christmas coming soon.

An Aussie Chrissie (オーストラリア独特な英語によって物語れている物語)
Strine Dictionary

豪のクリスマス・ソング:Christmas Photo

surfing_santa もはや、今年のクリスマスの日が後僅か数日間となった。
 日本を含めてほとんどの人のクリスマスに関する印象が北半球の真冬の行事だ。
 しかし、南半球を忘れないようにしようよ!
 オーストラリアのクリスマスが真夏だ!
 実は、ほとんどの場合、真夏でもクリスマスに関する飾りや行事が真冬っぽいの姿をオーストラリアでも現れる。
 だが、たとえトナカイの変わりにカンガルーがサンタのゾリをひっぱたり、サンタが半袖・短パン姿で描かれたりしてオージーっぽいのクリスマス・イメージもある。
 オーストラリアのクリスマス伝統一つがCarols by Candlelightと言います。これは、公園、海辺など屋外公の場で夕方になってろうそくをもってクリスマス・ソングを歌う習慣。とっても綺麗だ!そして、規模がさまざまだ。都市の中心部で数万人参加する物もあれば、近所たちごとで数人しかやらないこともある。おまけ、サマー・タイムで大体夜9時ごろまで明るく子供たちが夏休みなので、にぎやかな季節だ。
 今日の豪風クリスマス・ソングは、典型的なオーストラリア人歌手ジョン・ウィリアムソン作の「クリスマス・フォト」だ。家族揃ってクリスマスの昼食を食べた後にクリケットで遊んで記念写真を家族で撮ろうという話の歌だ。
 ちなみに、クリスマス・ランチを食べた後のクリケット遊びもオージー・クリスマス伝統一つとして言える。

CHRISTMAS PHOTO
It’s December in Australia;
Time to remember all the family.
Christmas tree – native pine,
Lights and tinsel all entwined.
Put a fairy on the top.
There’s Gran and Pa and Joan and Pop.
The ham and turkey’s organized.
Won’t the grandkids be surprised
When Santa comes in big black boots
In the back of Jacko’s ute
Ho Ho Ho! Ho Ho Ho!

It’s December in Australia;
Time to remember all the family.
Gather round for a photo.

Hang on, Dad, where did Sam go?
We gotta get everyone in the picture …
Oh here he is. C’mon, Sam,
Now – say “Cheese”.
Wait a minute – Bubbles is missing.

Oh, yum yum, pig’s bum – Christmas Pudding.
All the ladies do the cooking.
All the men are really slack,
Slapping each other on the back.
“How ya been Tangles? How was your year?
Might rain tomorrow. Have a cold beer.
I hear young Greg is playing fullback.
I guess he gets it all from you, Jack”
Blah, blah, blah, blah, blah!!
Who’s for a game of cricket?

It’s December in Australia;
Time to remember all the family.
Gather round for a photo.

Hang on, Dad, where did Cher go?
We gotta get everyone in the picture…
Oh here she is. C’mon, Cher,
Now – say “Cheese”.
Wait a minute – Annie’s not here.

Ah me, not out. Oh yes you are, Nick.
It’s your bowl, Max, don’t bowl too quick.
Aw, Nick has run of with the bat.
After him across the flat.
C’mon, Cub, you’ve had a bowl.
Give the ball to Christie.
Tom-tit, Peewee, Brookie, Sidekick,
You’re on my side. Grab the bat quick.
Now he’s run off with the stump.
Better give that Nick a thump.
Think I’ll have another beer, runt.

Oh, it’s December in Australia;
Time to remember all the family.
Gather round for a photo.

Hang on, Dad, where did Ami go?
We gotta get everyone in the picture …
Oh here she is. C’mon, Ami,
Now- say “Cheese”.
oh, Wait a minute – Heddi’s not here.

See the goanna up the gum tree?
He’s gonna get a feed today, free,
When the campers leave the lake.
Bits of chook and Christmas cake.
It’s Christmas time for him as well.
See his big long belly swell.
Heh heh heh heh heh!

It’s December in Australia;
Time to remember all the family.
Gather round for a photo.

Hang on, Dad, where did Fox go?
We gotta get everyone in the picture …
Oh here she is. C’mon, Fox,
Now – say “Cheese”.
Hold it there now …

CLICK

Got it! Hurray!

John Williamson Official Website
An Aussie Chrissie (オーストラリア独特な英語によって物語れている物語)
Strine Dictionary

Strewth! ヴァージン・オーストラリアのストライン(豪州英語)離れが続く

Virgin Blue, the predominantly red aircraft named with a nod to Strine.

Strewth!元々オーストラリア市場で出来るだけオージーらしくやろうとしたバージン社の航空部門のストライン(オージー英語)離れが急速に進んでいる。
 今週からヴァージン・オーストラリアの乗務員が客に向けて具体的な指示がある場合を除き「mate」と呼ぶな、という命令が出たらしい。オージー英語では、mateと呼び合うことがごく自然なことだが、同社がサービス向上に伴ってもっとビジネスらしく客と接したいということだそう。
 その関連で乗務員が再教育を受けざるを得ない。しかし、客が事前に「mate」と呼んでほしい申請すれば、乗務員がそう呼んでもかまわない、と同社がいう。
 同社のオーストラリア市場進出は2000年だった。その当時、飛行機が主に赤いだったため、オージー英語で「赤いものをブルー<青い>」という習慣にかけて社名をヴァージン・ブルーとした。
 しかし、昨年11月会社のリブランディングによって社名をヴァージン・オーストリアに変更し、一般旅行者よりビジネスを中心に戦略も変えた。カンタス航空に次ぐオーストラリア2位の航空会社の同社がオーストラリアに馴染めれば馴染むほどオージー離れが進むようだ。
Virgin Australia公式サイト


「やばいリンガル」Mate
豪キャブラリー: Matey (動詞)
The Strine Why Atorkin: Natchrule Strine