11 search results for "bikkie"

Shark biscuit (bikkie)/新米のサーファー

Shark biscuit (bikkie)
Australian English

Somebody new to surfing. Many sharks swim in the waters along Australian coastlines. Surfers who are unsure of themselves are in danger of becoming a meal for the sharks. Sometimes, bikkie is used instead of biscuit.

日本語
新米のサーファー。直訳すると「サメのビスケット」という意味。由来は、オーストラリア海岸沖にサメがたくさんいますので、サーフィンに経験が浅い人なら、食べられちゃう可能性がある。Biscuitの代わりにbikkieという時もある。

Great White

Plain English
Shark bait

It’s Sal’s first time surfin’, so she’s a shark biscuit.サルは、サーフィンが初めてだからボードから落ちる。It’s Sal’s first time on a board, so she’s shark bait.
Nothing’s funnier than watching a shark bikkie try to hit the waves.サーフィンが初めての人を波乗ろうとすることほど面白くおかしなものがない。Nothing’s funnier than watching shark bait try to hit the waves.

Strine Dictionary

Bikkie/クッキー

bikkie

Australian English
1) This is the typical Australian term to describe a biscuit or cookie.
2) It is also used to refer to the amount of money a person earns in the form of salary or wages.

日本語
1)    クッキー
2)    給料。サラリー。ギャラ。お金。

Plain English
1)    Cookie
2)    Money

Bikkie-usage examples

豪語日本語米・英語
I have a bikkie and a cuppa for brekkie.朝食は、クッキーとコーヒーだ。I have a cookie and cup of coffee for breakfast.
Work in finance to bring in the big bikkies.金融業は、いい給料がもらえる。Working in finance pays a high wage.

Strine Dictionary

Perfect Blending of Iconic Aussie Tastes

TimTams, chocolate biscuits fast becoming one of Australia’s greatest exports and a presence in just about every supermarket in Tokyo nowadays, has started a collaboration with Vegemite, the yeast spread symbolic of Down Under.

今般、東京内ほとんどのスーパーに見かけてオーストラリア発名物輸出品となりつつチョコクッキー「ティムタム」とオーストラリアを代表とする発酵ペースト「ベジマイト」が共作を発表した。

Vegemite flavored TimTams blend two of Oz’s most iconic food products.

ベジマイト味ティムタムがオーストラリアの二つの代表的な食品を融合する。

The sweetness of TimTam bikkies seems sure to be perfectly complemented by the savory flavor of Vegemite.

ティムタムのビッキーの甘さとベジマイトのうまみが完璧なマッチとなりそうだ。

April 1 marks a perfect date for this collaboration!

共作の発表は4月1日も完璧だ!

No Beef About Getting Some Get up and Go!

580498pAussie Beef is, with perhaps Tim Tam bikkies or Uggies in winter, one of the most visibly prominent signs of Australia in the everyday lives of ordinary Japanese.
 平凡な日本人の日常生活の中ではティム・タムビスケットと冬用のUGGブーツに並べてオージー・ビーフが恐らく最も目立つ豪産品であるだろう。
Meat and Livestock Australia has a fine track record for selling Aussie Beef in Japan, dating back to the early 1990s after U.S. negotiators forced the market open in anticipation of selling beef the way the Aussies actually have.
 1990年代前半で市場が自由化された以降豪州食肉家畜生産者事業団がオージー・ビーフ販売の実績を蓄積してきた。皮肉的に、市場参入が可能にした米国側より日本市場で米国産牛肉より意外と売れた。

Uluru shaped from beef for the MLA campaign in Japan.

Uluru shaped from beef for the MLA campaign in Japan.

Now, Aussie Beef has come out with a new promotional campaign centering on the healthier aspects of beef consumption, offering prizes including beef to the equivalent of a single head of cattle or a tour of Australian “power” spots.
 オージー・ビーフがただ今PRキャンペーン中であり、一人当たり牛肉牛1頭分相当及びオーストラリアのパワースポット旅行などの賞品を受賞できる。
Part of the PR campaign running from Aug. 1 to Sept. 30 is a series of commercials featuring some occasionally quirky characters who get their get-up-and-go from eating Aussie Beef.
 キャンペーンに伴ってちょっと変わっているキャラがオージー・ビーフを元気にしてくれるPRをする。

オージー・ビーフ&ラム公式サイト
「オージー・ビーフで元気」キャンペーンサイト

大ヒット中のTimTamって「豪菓なビスケット」と言っていい?

 今では、オーストラリアの味が日本でひそかなブームが起こっている。
Australia is, in a way, flavor of the month of sorts in Japan at the moment.

 それはチョコ・ビスケットTimTamのことだ。
That exalted status is thanks to the humble TimTam.
IMG_6258 今、日本のどこのコンビニーでも売られているし、多くの駅売店でも販売されている。
TimTam biscuits are now sold in just about all of Japan’s ubiquitous convenience stores and most station kiosks in the capital and surrounding prefectures.
 TimTamは、1963年からオーストラリアで製造し始まった。2つのビスケットの間にクリームが挟まれ、全体がチョコレートでカバーされる。発売されてすぐに人気となり、オーストラリアを象徴する味ともなった。
TimTam biscuits were first made in Australia in 1963. They are comprised of two biscuits sandwich cream filling and covered entirely in chocolate. They have become a symbol of Australia.
 しかし、元々製造した豪アーノッツ社が米キャンベル・スープ社に買収された。
However, ownership of Arnott’s Biscuits Holdings, the company that produces TimTams, has fallen into the hands of Campbell Soup, an American company.
IMG_6259 これによって同ビスケットが日本を含めて世界中に楽しめるようになった。 
This led to TimTam biscuits being sold throughout the world, incluing to Japan.
 しかし、オーストラリア国家主義ビジネスマンであるディック・スミス氏が米国会社に買収されたことに対して競争する劇的に似ているTemptin’ビスケットを2003年に販売した。
However, it also prompted Dick Smith, a nationalist Australian businessman, to come up with Temptin’ biscuits, a fully Australian-owned biscuit that bore an extremely close resemblance to the TimTam and went on sale in 2003.
アーノッツ社が同氏を訴えて、両社が結局和解した。
Arnott’s responded by suing Smith and the two parties came to a settlement that ended their bikkie war.
TimTamFlavors 日本では、このビスケットがキャンベル・ジャパンが販売している。
Campbell Soup Japan sells the biscuits in this country.
 今、日本ではOriginal, Dark Chocolate, Classic Dark, WhiteとChewy Caramel味の上に細長い版Fingersが販売されている。
Currrently, the TimTam flavors on sale in Japan are the Original, Dark Chocolate, Classic Dark, White and Chewy Caramel biscuits, as well as the Fingers snacks.
 しかし、オーストラリアでは上記の味の他にRum Raisin, Chewy Choc Fudge, Mocha Coffee, Chilli Choc Fling, Tia Maria, Double Coat, Creamy Truffle Temptation, Black Forest Fantasy, Hazelnut PralineとLove Potion味で販売されている。
TimTamTiaMariaIn Australia, TimTam biscuits currently or formerly on sale included the above flavors as well as Rum Raisin, Chewy Choc Fudge, Mocha Coffee, Chilli Choc Fling, Tia Maria, Double Coat, Creamy Truffle Temptation, Black Forest Fantasy, Hazelnut Praline and Love Potion,
 その上、インドネシアではCheese味TimTamもある。
In addition to these flavors, it’s also possible to buy Cheese TimTam biscuits in Indonesia
Cheese TimTam 日本で販売されているが他が販売されていないTimTamは、ボックス型包装で、ひと箱何個かが入っている商品だ。
Japan’s multi-packet boxes are a TimTam sales form not found in Australia.
 有名なTimTam楽しみ方は「TimTamスラム」と呼ばれている。
The TimTam Slam is a well-known method of consuming the biscuit.
 これは、ビスケットの上と下各一角ずつを噛んでコーヒーや紅茶などの飲料品に入れて噛まれているところの穴から飲料を吸い込むような形で飲み、飲み物の美味しさと共にTimTamも味わえる。日本の放送上で「TimTamスラム」の方法がしっかりと書かれている。
This involves taking a small bite out of the corners at diagonals on a TimTam, dipping the biscuit into a beverage such as coffee or tea, and then sucking the beverage through the holes created in the TimTam, allowing for a taste of the bikkie while consuming the drink.

What’s a bikkie?
Oh, a bikkie is this, too.
Arnott’s Australia
Campbell Japan TimTam Page

豪の恐怖映像!サメ群れが海辺でクジラを食べる

 サメ群れが浜に乗り上げたクジラ死体を猛烈に食べる姿をオーストラリア人女性がオーストラリア最北部で撮れた。
 ビラボング・ガールというブロッガーが劇的な映像を撮って、サメが波に流されているクジラの死体を見事にドアップで映られた。
 サメにとってクジラに比べて人間は恐らく美味くないがビラボング・ガールの勇気に脱帽するね。

Billabong
Shark biscuit (bikkie)/新米のサーファー