Category: Strine Sports

豪キャブラリー:Shellack

Shellackは「ボコボコにする」というオージー英語だ。主にスポーツに使われている言葉で、完敗されたチームは「copped a shellacking」と言われるのが決まり文句に近いのだ。

英・米語日本語
ShellackingTo utterly defeat相手を完璧に勝ち倒す

豪キャブラリー:Cream

世界最大乳製品の国としてオージー英語ではCreamは当然乳製品のクリームの意味もあるが、その上に別意味としてケンカやスポーツなのに対して簡単に誰かに勝つことという意味もある。


英・米語日本語
CreamTo defeat easily相手に対して楽勝する

豪ゴルフ場にはサメ要注意

1980・90年代で活躍したオーストラリア人ゴルフ選手グレッグ・ノーマン氏のニックネームが「グレート・ホワイト・シャーク」でロゴがサメだが、まさか同氏の生まれ故郷であるブリスベーン市にあるゴルフ場では本物のサメが現れるとは、、、
 しかし、同市にあるカールブルックゴルフ場のウォーター・ハザードは水だけじゃない。
 同ゴルフ場の14番ホール内の池にはサメがいるのだ!

 このコースの池に飛ばしたら、ペナルティをとったほうがいいようなきがするね

豪キャブラリー: Carn

CarnはKhanとまったく同じ発音。Genghis KhanやKublai Khanなどの歴史的に重要人物のKhanは深い意味がある言葉。由来がローマ帝国「シーザー」が由来であり、重みをそれなりに感じる。しかし、オージー英語のCarnは、それとはまったく違って、Come onの砕けた言い方にしか過ぎない、、、
 スポーツチームを応援する時「Carn the Aussies!」などのように叫ぶが定番の応援型だ。


英・米語日本語
CarnCome on, C’monカモン、おいで、気合を入れてほしい人にいう

豪キャブラリー: Cozzie

Cozzieは典型的なオージー英語であり、典型的なオーストラリアのものでもある。多くの人にとってオーストラリア人の印象はライフセーバーである。そして、そのライフセーバーの制服と言うべきものがcozzieだ。そうだ!Cozzieは水着のことだ。死語のswimming costume「泳ぐ服装」のオージー英語らしい省略言葉だ。
 島大陸のオーストラリアは世界有数の水泳大国でもあり、有名なSpeedo水着はオーストラリア生まれだ。長年Speedo社は自社製水着をGreat Aussie Cozzieという語呂合わせしたコピーを使っていた。
 水泳大国らしくオージー英語では「水着」という意味の語彙が豊富であり、cozzie以外にswimwear, bathers, trunks, togsなどもある。

英・米語日本語
CozzieSwimsuit (パンツ型)パンツ型水着

豪キャブラリー: Boardies

オーストラリアは、サーフィンの文化が根強く社会に浸透している。サーフィン文化の影響の最も分かりやすい例がおそらく服装にあるのではないか?夏になるとTシャツとboardiesが国民服のようなものとなる。

Board shorts


オージー英語らしくboardiesはboard shortsの省略だ。ちなみに、board shortsのboardは、サーフボードのボードが由来だ。
 
英・米語日本語
BoardiesBoard shortsアロハ風のトランクス型水着

豪キャブラリー: Footy

オージー英語らしくフットボールは全国ではfootyとして省略されている。しかし、そのフットボールがどんなfootyかが問題だ。

 オーストラリアの国家競技が豪式フットボール(Australian Rules Football)であり、一応全国でリーグ戦を行いながらも特に東南部のビクトリア、南オーストラリア州、タスマニア島、中央北部のノーザンテリトリー州、西の西オーストラリア州でダントツに人気。