Category: Strine Biz

豪州ブランド車ホールデンが廃止へ

日本で販売されたホールデンユート

 オーストラリアの最も有名な車ブランドであったホールデンが2020年いっぱいで廃止となることは親会社であるジェネラルモーターズ社の17日発表で分かった。

 1908年に始まったオーストラリア国内製造が2017年に終わったが以降シボレー車が輸入されてホールデンブランドで販売された。

 しかし、販売数が伸び悩み、結局GMがホールデンブランドを廃止することを断行した。

 一時、オーストラリア製造業の象徴であったホールデン車が事実上存在しなくなる。

 販売終了後、約10年間メンテナンスのために200人程度を雇用する予定はしている、とGMがいう。

Beauty, Athleticism Driving Boom in Sales of Kangaroo Meat in Japanese Convenience Stores

Kangaroo meat is selling like hotcakes in Japanese convenience stores.
Sales of protein-related products are skyrocketing against a backdrop of growing fascination for weight training.

All protein-related products grew 40% year on year at Natural Lawson convenience stores from fiscal 2018 to fiscal 2019.

And September 2019 sales increased 70% YoY, with kangaroo meat being a prime driver at the chain’s 143 stores in the Tokyo metropolitan area.

Tokyo-based Vasel Inc. sells kangaroo meat under the RooMeat and Paroo brands throughout Japan, including the roo jerky selling strongly at convenience stores.

“Kangaroo meat is the pinnacle of red meats. Its saturated fats are 20 times better for you than beef and kangaroo meat is really popular among women with a strong awareness of beauty,” a Vasel spokesman recently told the Japanese media.

Vasel’s targets are those seeking an athlete’s diet of high-protein, low calorie foods, and women with a strong awareness of beauty and maintaining a healthy weight.

Kangaroo meat is not produced by keeping roos as livestock, but by capturing wild kangaroos and processing the meat. Vasel has imported kangaroo meat into Japan from Australia since the 1980s. Demand has grown significantly in recent years and it now imports 50 tons annually.

“There’s growing interest in red meat. Game is becoming increasingly popular within the dining industry. Women and athletes who are concerned with their health are eating kangaroo. We have focused on branding the meat as RooMeat since 2014, and the robust sales we’re seeing now are probably reflecting that,” the Vasel spokesman said.

‘You’re Not Taking the Kingswood’…But Japan Did for a Little While

On this day 70 years ago, Australia launched a domestic automaking industry at Fishermen’s Bend in Melbourne to produce Holden cars.

Not many outside Australia that the Great Southern Land once produced cars, and perhaps even fewer still are aware that Oz exported some models to Japan.

These weren’t cars assembled in Australia and shipped to the world’s then second-largest car market (as would happen in the late 1980s and 1990s, notably with the Subaru Outback).

They were cars made with the intent of attracting Japanese consumers.

Ironically, one of the cars marketed was the Mazda Roadpacer, a car slightly adapted from an iconic Australian car, the Holden Kingswood.

Holden would make the cars in Australia and export them as Holden Premiers, the luxury version of the Kingswood, to Japan, where they would be given even further added attractions.

The car was supposed to be used by high-ranking government officials, but the timing of the enterprise could hardly have been worse.

The gas-guzzling Kingswood-derivative was first sent to Japan in 1975.

Sales weren’t ever as good as hoped for, however, and were not aided by the oil shock, which sent petrol prices skyrocketing throughout the 1970s.

After selling only 800 units in two years, Mazda withdrew the Kingswood from the Japanese market.

The main character of the show, Ted Bullpitt, routinely derided Japanese cars during the program’s run from 1980 to 1984, using such terms as “Datsun deviant” for drivers of Nissan vehicles.

Ironically, the Kingswood would soon become an even bigger icon in its home country with the debut of Kingswood Country, a TV comedy about a bigoted suburban Australian man and his family whose great pride and joy was owning a Kingswood.

But it wasn’t just Kingswoods, either, that Australian automakers (well, Holden) were sending to Japan.

Arguably the premiere Australian vehicle, the Statesman de Ville, had also gotten a run in the Land of the Rising Sun a couple of years earlier and uncannily left an almost identical record.

The de Ville, also made by Holden, had been added to the Isuzu lineup of passenger vehicles for 1973-4.

It retailed at a then hefty 3.48 million yen (when starting wages were just over 60,000 yen per month).

Though car enthusiasts and critics were generally upbeat about the de Ville, it failed to touch a nerve with consumers despite golf superstar Jack Nicklaus being used to plug the car in Japan.

The de Ville was removed from the Isuzu range in 1975 after having sold fewer than 250 cars in the then still booming Japanese auto market.

Alas, despite the best efforts of Australian workers, the Oz automaking industry would ultimately suffer the same ignominious fate as its luxury car exports to Japan had seen: humiliating ends.

Buffered by considerable protection into the 1980s, the Australian car manufacturing industry coughed and spluttered its way through the final decade of the 20th century and into the first years of the new millennium.

But by the second decade of the 21st century it was clear that Australian automakers had priced themselves out of the market, mostly by overpaying C Suite types, but also by being unable to compete with countries that did not pay workers a fair wage.

Holden and Toyota Australia were the last automakers to maintain manufacturing plants in Australia, but both closed in 2017.

Holden and Ford Australia still have design and development facilities operating in Australia, so the country is still theoretically capable of producing cars.

Jack Nickalus advertising the Holden Statesman de Ville in Japan

An Australian-made Statesman de Ville featuring in a 1979 Japanese TV cop drama.

Japanese report on the Roadpacer (Kingswood)

Automotive Industry in Australiaオーストラリア製アメ車に13B搭載!?マツダ・ロードペーサーAPはセンチュリーより高級だった?

豪州生まれのいすゞ車!? 贅沢すぎるクルマ、ステーツマン デ・ビル 驚きの価格とは?

…ah, so* have a Winfield: The Tiny Tale of Aussie Durries in Japan

A long, long time ago, in a Straya far, far away, Australia briefly exported cigarettes to Japan.
It wasn’t that long ago, actually.
But for several months in 1994, Winfield cigarettes, one of Australia’s most famous brands (it marketed itself as “Australia’s No. 1 brand” in Japan, but it was actually only the second-biggest seller Down Under, behind Peter Jackson), was an unlikely competitor of mostly British and American Big Tobacco companies to tap into what was still then a thriving Japanese smokers’ market largely unregulated at the time.
Winfield was on a downturn at the time in its home country.
Cigarette advertising had been banned from TV and print media decades earlier, but by the mid-1990s in Australia had also been outlawed from outdoor displays and sporting events that tobacco company sponsorship had largely kept afloat.

Japanese Winnie Reds

Like many Western companies faced with growing anti-smoking sentiment at the time, the owners of the Winfield brand decided to flog their fags off to Asians. It didn’t work too well in Japan.
Japanese Winnie Reds and Winnie Blues could be found in the country’s ciggie vending machines (then ubiquitous, now becoming rarer) over what was a record-breaking hot summer and autumn, but were mostly gone by the Christmas of that year.
Winfield owed its chance overseas to many factors, at least one of which was the role played by Paul Hogan, a sometime comedian better-known to international audiences as the star of the Crocodile Dundee film series.
Hoges had been the face of Winfield when it first came out in the 1970s and he was beginning his ascent toward becoming one of Australia’s best-known stars. He became synonymous with the brand even as its presence was being limited, but his famous catch copy of “…anyhow* have a Winfield,” entered the lexicon of ordinary Aussies.

Japanese Winnie Blues

…anyhow*, Australia outlawed packaging displays on cigarettes from 2012. Although punters could still ask for their different types of Winnies, which had been branded according to colors such as Red and Blue, the packaging was no longer actually red, blue or any other color.
Even Hoges, whose rise to fame was at least partly inspired by a sharp set of movie theater and print ads he’d made for Winfield in the 1970s, came out a few years ago to say that he deeply regretted the commercials for having inspired so many people to pick up a durry.
Hoges and Stropp Winfield Ad from 1971


This slideshow requires JavaScript.

先住民視野を中心としたCommonwealth of Australia

考えRooがオーストラリアについてプレゼンをしましたので、その内容が以下の通りとなりました。コメントなどをぜひ送ってください。
今のオーストラリアの概要
* オーストラリアはラテン語で「南大陸」という意味
* 本土に加えてタスマニア島を含め数多くの島々で構成、面積はおよそ770万㎢であり、日本の約25倍ある
* GDPが世界19位、一人当たりのGDPは世界9位
* 人口が2500万人弱、日本の約5分の1
* 住民の80%以上がヨーロッパ系の白人であり、その他にアジア人が約12%、先住民などが約2%
* ヨーロッパ人在住が1788年から始まり、イギリスの刑務植民地として開拓された
* 当時、イギリス法はオーストラリアを「無人」扱いだったが、先住民がそこですでに数万年間住んでいた

オーストラリア先住民と
トレス海峡諸島民


オーストラリア先住民
* 昔、「アボリジニ 」として呼ばれた
* まだ使われているが、「土人」という意味なので「先住民」、「原住民」、「ファースト・ネーションズ」や特定部族名を使うことが主流
* 先住民の定義は、植民地化以前にトレス海峡諸島民を含めてオーストラリア大陸及び周辺諸島に移住した人の子孫
* 現在、援助対象の場合を除き「先住民」認可は基本的に自己申告
* 植民地化当時人口が約300万人とされているが、今の先住民人口は約65万人であり、全体のおよそ2.8%

虹蛇

ドリーミング
* 先住民の宗教にあたるのは「ドリーミング、夢の時」
* 個人のすべての過去と現在と未来がつながっていると信じる
* 各個人のドリーミングが違い、独特なものである
* 部族の象徴でも、習慣でもドリーミングになる
* 全ての知識が先祖から集まると信じる
* 死後、名前を使用することが禁じられている
* 死後、再び土と一緒になると信じる 
* 宗教同様、多くの神話が部族によって異なった
* 共通神話が「虹蛇」
* 虹蛇が創造神話の中心となっている、世界を創ったとされている
* 全てのものが土と一緒になるため聖地が多い
* 有名な例がウルル(エアーズロック)。聖地であるため、最近、2019年から登山禁止されることが発表
コロボリー
* 踊り、音楽、仮装でドリーミングと交流する儀式
* 参加者が体に絵を描く
* 原則として誰でも参加できるが女性などが禁止されたコロボリーもあった
アボリジナル旗
* アボリジナル旗は先住民族の旗であり、オーストラリアの公式な国旗の一つ
* 1971年にハロールド・トーマス(Harold Thomas)によってデザインされた
* 黒は、先住民族の黒い肌の色を表す
* 赤はオーストラリアの土の色であり、過去も未来を表す
* 黄色い丸は生命源である太陽を表す
先住民部族
* 元々先住民は600以上の部族があった
* 各部族に特有文化及び言語があった
* 先住民言語の多くは絶滅したが、未だに120種類以上が使われている
* ほとんどの先住民が英語を母国語としている
* オーストラリア・アボリジニ英語が出来た

先住民部族


世界最長継続文化
* 先住民がオーストラリア到来以降狩猟採集社会となった
* 未だに狩猟採集社会が北部のアーネム半島を中心に継続している
* 継続している文化で世界で最も最長となっている
* 最後の未接触部族が1984年にオーストラリア中央部にて発見された
* 先住民のほとんどが遊牧民族
* ほんの一部を除けば、入植当時農業がほとんどなかった
* 「領土」の感覚がなくて、部族の行動範囲がだいたい決まっても「所有」という感覚がなかった
* 部族内戦争が多発したが、目的が主に限られた食資源と部族外女性を取るため
* 部族内女性を交換することがあった
先住民の道具:ブーメラン
* ブーメランは狩猟やスポーツに使われているこん棒
* いつくかの種類があって、種類によって使用目的が違う
* 手で投げて手元に戻ってくる種類が有名
* 戻ってくるブーメランが楽器、こん棒、デコイなどに使われている
* 戻ってこないブーメランが棍棒か狩猟や戦闘に使われている 
* 史上で人間が最も遠く投げたものがブーメランだった
ディジュリドゥ
* ディジュリドゥ は何千年前から使われ、世界最古の管楽器とされている
* 伝統的にオーストラリア北部しか使われていなかった
* 男性の楽器だった。
* 女性が吹くと妊娠するので吹いてはいけない、部族によっては反対に女性が吹くと不妊になるので吹いてはいけないという伝承がある。女性は触れてもいけないとする部族もある。
* 世界中にオーストラリア先住民のシンボルの一つ
* ディジュリドゥは、先住民の言語の言葉ではない。特定がはっきりしていないがおそらくどこかのヨーロッパの言語の擬音語とされている言葉
ウォメラ
* ウォメラは腕の延長器具であり、槍を遠くて、早くて強くなげられるようにした
* 狩猟に使われた
* 第二次世界大戦後にオーストラリアが宇宙計画を開始、打ち上げ場がこの道具をちなんでウーメラ試験場 と名付けられた

ブルローラー(ターンダン)
* ブルローラー(ターンダン)は先住民の重要な楽器​
* 魔除けに使われた​
* 男性のみ使用され、多くの部族の伝説で空の神の声を示す​

食生活のブッシュ・タッカー ​
* 食生活にバランスをとるように工夫をし、場所によって食べ物が大きく異なった​
* 基本的に肉類がヘビ、オオトカゲ、カンガルー、ポッサム、ハリモグラとエミューだった。植物がフルーツ、マカダミア、種などを含めた。​
* スナックが昆虫で、ウィッチティグラブというイモムシが最も有名な例​
* 甘いものが蜂蜜、樹液やハニーポットあり
先住民の歴史​​
* 先住民たちの先祖がいつ頃オーストラリアに到来したのかは、研究者の間でも意見が分かれている​
* 到来は61,000年から52,000年前とも、125,000年前とも考えられている​
* 恐らくインド経由から到来した​
* 最古の現生人類の化石とされるマンゴマンが約4万年前のもの​
* 白人入植1788年当時、全国で先住民人口が約30万人から約100万人と推定されている​
* 伝染病を最大理由に先住民人口が以降激減した​
* 白人と各地で戦争が行ったが、先住民の完敗となった​
* 大虐殺が20世紀前半まで各地で行なわれた​
* 1920年までに先住民人口が約7万人まで減少した​
* 入植の1788年から20世紀に入る間、ヨーロッパ人の開拓が広がったにつれ、先住民と摩擦が激しくなった​
* ヨーロッパ人の武力が圧倒的に強かったが、先住民死亡の最も大きな理由が病気​
* それでも、虐殺が相次いだ​
* 1830年代末までに基本的に先住民の武装的な抵抗が事実上不可能となった​
* 所々で抵抗できたが事実上イギリス人がオーストラリア全体を君臨した​
* 先住民死亡率が最も高かったのが人口密度が高かった豪北東部(現クィーンズランド州)とタスマニア島​
* 1828年から1832年の間「ブラック・ウォー」がタスマニア島で行った​
* 同島では軍事法下で先住民の殺害を事実上許可することになり、先住民人口が約1,500人から約300人に​
* 19世紀後半ではタスマニア島の先住民が絶滅したとされた(実際には子孫が今でも健在)​
* 「開拓戦争」の関連紛争が1930年代まで続いた​
国民調査参加と「盗まれた世代 」​​​
​* 一部を除けば、先住民に参政権があり国民として認められたが国民調査に含まれていなかった。1967年の国民投票で、やっと他のオーストラリア人同等の位置づけとなった​
* 20世紀初頭~1970年代までヨーロッパ人の血が入っていれば先住民10人に1~3人が強制的に家族からとられ、国家養子として育てられた。これは「盗まれた世代」と言われ、ようやく2008年に国が謝罪した​
* 大虐殺があったかどうかあるいはその規模についての論争及び先住民の参政権や「盗まれた世代」が主な実例で「歴史戦争」の起点となった​
歴史戦争​​​​
* 現在のオーストラリアでは植民地時代と先住民に関する歴史の対立が激しい​
* 保守派は、先住民の存在を認めながらオーストラリアを開発し、裕福化したのはヨーロッパ人開拓者だと主張​
* また、昔のことなので、現代のオーストラリア人の責任ではないという​
* 一方、進歩派は、先住民にお詫びをし、補償すべきだと主張​
* また、先住民と連邦国間の条約の締結を求めている​
* 主に1990年代から2000年代の間に行ったが、はっきりしないで未だに続く
先住民の今​​​​​​
* 土地の所有権について1970年代から先住民の声を取り入れている。「先住権原法」が1993年に執行され、以降先住民が土地の伝統的な所*
* 有者であることを出張した場合先住家裁判所が判定する​
* 1989年~2005年の間アボリジナル・トレス海峡諸島委員会という自治体が先住民の健全な生活として権限が与えられたが、不祥事などによって国が再びこの任務を担った​
* 「盗まれた世代」、土地の所有権など、補償に関する論争や法的手段が続けている​
* 先住民の犯罪率が極めて高く、全国人口の2.8%に対して受刑者全体の約30%が先住民​
* 健康問題が深刻であり、先住民男性の平均寿命が約67才で非先住民オーストラリア人男性の約78才より11才違う。女性は、先住民の平均寿命が約73才に対して非先住民の約82才で9歳差。​
* 健康格差が政府の重要課題と位置づけられている​
* まだまだたくさん課題があるが、以前に比べて前に進んでいる​
先住民の英語​​​​​​​
先住民英語​英語​日本語(一般オージー英語・先住民英語)​
CampHomeキャンプ場・家​
CheekyDisrespectful生意気​・尊敬しない
DeadlyFatal致死的・かっこいい
GubbahCaucasian白人(いずれも)
FellaPerson人(男女問わず)・人(男を暗示)​
Unna?Aint it?だろう?(いずれも)

日本語にある豪先住民語彙​​
日本語​元の言語​
ブーメラン​トルワル後(現シドニー周辺)boumarrang​
コアラ​ダルク語(現シドニー周辺)gula​
ワラビ​ダルク語 walabi​
ディンゴ​ダルク語 dingo​
ウォンバット​ダルク語 whom-batt​
ビラボング​ウィラジリ語(現ニューサウスウェールズ州中央部)bilaban
カンガルー​*グーグ・イミディル語(現クイーンズランド州北部)gangurru​

* 英国人が初めてオーストラリア大陸に上陸した際、先住民にカンガルーを示して「あの動物は何と言うのか?」と訊ねたところ、先住民は英国人の言葉が理解できないため、「(何を言っているのか)わからない」という意味で「カンガルー」と答えたが、訊ねた側は「あの動物は“カンガルー”という名前らしい」と誤解してしまい、これがこの動物の通称となったと言われているが、都市伝説。なお、各部族にカンガルーの通称があって、すべての部族がカンガルーと呼ばなかった
先住民の今​​​​​​
* 豪先住民と関わる日本人が多数存在する。アートやディジュリドゥ関係が多い。しかし、他もいる。例えば:​
* 日本ブーメラン協会がある。​
* 2014年に日本ブーメラン代表が見事に世界チャンピオンとなった​
* 宇宙飛行士土井タカオさんも宇宙にて無重力でブーメランが元に戻ることを検証し、まさに豪先住民らしい実験を行った​

* 豪個人的に最も興味深い日本人・豪先住民関係が角田太作氏​
* 言語学者である角田氏が学生時代豪先住民の絶滅危機にあった言語ワルング語を最後にネイティブとして使った人から同言語を習った​
* 1981年に話せる人が亡くなって言語が絶滅したが、角田氏が教えることになった​
* 今でも、ワルング語を使った部族の子孫に角田さんがワルング語を教えている​
* 一人の日本人の力で一つの豪先住民の大切な言語が残っている​

Punk Doily Full of Heavenly Aussie Tastes Made by a Saint

Punk Doily, a recently opened cafe, offers a heavenly touch of Australia made by a Saint in a small nook in Oyamadai, Setagaya-ku.
 最近開店したパンクドイリーがセイントが作るオーストラリア風素晴らしいご馳走を提供している。
Punk Doily’s sausage rolls are authentically Oz, faithfully providing not only the flavor of the tuckshop, but also adding pleasures for the gourmand that the Japanese excel at.
 パンクドイリーのソーセージロールは本格的なオージー味であり、学校売店の懐かしい料理を誠実に再現する上に日本人の特異な上質なグルメを加える。
Available in sage and fennel flavors, the sausage rolls use pork from exclusively potato-fed pigs, and have a hearty, mouth-watering meat that tastes perfect without the need of excessive herbs, spices or other additives.
 セージとフェンネル味があり、ジャガイモが飼料の豚から得る豚肉使用によって濃厚な美味しさがあり、余計なハーブやスパイスなどが使用不要。
Wash down the delicious savory snack with one of the selection of Punk Doily’s coffees. The Australian-style, rich brews are sublime, the hand drip providing a strong flavor and delicious aroma.
 うまみたっぷりなおやつと共にパンクドイリー作コーヒーを一杯のみと良い。オーストラリア風の濃くある抽出が格別であり、ハンド・ドリップの味が濃厚で香りもよい。
Sweets are another highlight of Punk Doily! On the day of our visit there were delightful salted, triple chocolate cookies, sake-infused cherry tarts and rum raisin brownies. Sublime! The cafe serves up some utterly amazing treats. Check out their Facebook page for some of the other fabulous fare on offer.
 また、パンクドイリーのもう一つのハイライトが何と言ってもスイーツ!訪問した当日提供したのは日本酒に浸けたチェリータルト、ラム酒漬干しブドウブラウニーと三種類のチョコが入っているトリプルチョコレートクッキー!何と言っても最高にうまかった!その他にもたくさんの美味しいご馳走を提供するので、詳しくは同店のフェースブックページを参照にしてください。
Enjoy Punk Doily’s delicious coffee and culinary delights on site or take out.
 パンクドイリーの美味しいコーヒーと料理は店内で楽しんでもテークアウトも出来ます。
Punk Doily is located about the Tamagawa Christ Chuo Church at 3F, 3-28-21 Oyamadai, Setagaya-ku Tokyo 158-0086, Tokyo 158-0086. Tel: 090-4702-7959 Open Saturdays and Sundays from 11 a.m. to 5 p.m.
 パンクドイリーは玉川キリスト中央教会の上3Fにある、所在地が3ー28ー21尾山台東京都世田谷区。電話が090-4702-7959。営業は土日の11時から5時となっている。
Incidentally, if you’re interested in finding our more about the connection with the saints, go to Punk Doily yourself.
 ちなみに、上記のセイントについてもっと詳しく知りたいなら、ぜひ直接お店に足を誇んで自分に聞いて見るといいと思う。


Malcolm Who?

Australian Prime Minister Malcolm Turnbull (left) and his Japanese counterpart, Shinzo Abe, at a meeting in Tokyo this week

Australian Prime Minister Malcolm Turnbull visited Japan this week, but you’d barely have known it.
Despite repeated claims of the Japan-Australia relationship being stronger than ever, Turnbull’s trip went almost unnoticed by the Japanese media.
Turnbull toured an Air Self-Defense Force base with Prime Minister Shinzo Abe, seeing first-hand the Australian-made Bushmaster vehicles that Japan uses.
The two right-wing leaders also threw a joint luncheon made using pricey Australian ingredients with Japanese-influenced dishes.
Tickets for the invitation-only luncheon held by the Japan-Australia Business Co-operation Committee were a hefty 35,000 yen per person.
Turnbull might not have done much, but he got a decent feed out of the visit.