Category: Strine Strife

クロス・コーヒーに感謝

 クロス・コーヒーは、東京多摩地区の矢野口にあるサイクリストに大変人気なコーヒーショップである。

 昔は常連だったが、引っ越ししてあまり行かなくなった。

 正直に言うと、最高な評判ほどいい店だと思わなかったです。

 値段が割高で食べ物が美味しくても微量で食べても食べても食べたりない気持ちだけでいっぱいになった。

 でも、スタッフもいいし、仲間もそこで集まるので、とってもいい面もあった。

 だが、今日は、考えRooがクロス・コーヒーに大変助けられ、心底から感謝しています。

 昼のライドはデスマシンであるタイガー車で乗ることにした。ちょっと春らしい天気となって、スピードが出せないリカンベントに乗れる時間があったので、行こうとした。「ツールを持っていけ」と自分に何回も言い聞かせた。ツールがいつもタイガー車となりに泊めているチャリにおいてあるので、わざわざ前に持っているバッグを持ってツールを入れようと思ったが、忘れた。よくあることなので、意識もしなかった。

 しかし、約10キロ走ったら、前輪が揺られはじまった。

タイガー車

 「くそ!」

 すぐに分かった。パンク。また、面倒くさい前輪だ。

 「くそ。本当にくそ!」

 しかし、クロスが近かったので、道具も空気入りも使えると思って、押し歩いて。

 店につくとタイヤレバーを借りようと思ったが、販売品しかなかったので、買わされた。金欠なので、ちょっと不満だったが、気持ちよく支払った。

 ここからクロスのすごさが表れた。

 持って行ったインナーチューブが別のサイズのホイール用だった。クロスが求めているサイズを売っていない。おまけ、前輪を外したが、また取りけられない。リカンベントの難しいところの一つ。

 でも、クロスの店長であるトニオさんがその時間を上手く活用して頂いた。

 あっちこっちの自転車屋に電話しまくって、チューブがるところを探していただいた。

 場所を地図上で教えて頂いて歩いた。遠くないはずから歩いて10分のところ自転車屋を探してが見当たらない。

 「この辺にあるはずだ」と思いながら、可愛くて若い女性に声をかけられた。

 「すみません。クロスのものですが。自転車屋を探していますよね。」

 「ええ」

 「あの、すみませんが、多分方向が逆だと思います」と礼儀正しく言われた。

 その方がわざわざ考えRooをおっかけて、ちゃんと探していたところまで誘導して頂きました。

 その自転車屋さんはアトリエフルーブでした。珍しいサイズのチューブもスペースをよく食うリカンベント修理できる場所も空気入り貸して頂きました。今度、ゆっくりと店を見ます。

 数分立ったら、タイガー車がちゃんと治って急いで帰ることが出来た。

 とっても感謝しています。さすがに日本人のサービス精神も優しさをさらに実感出来ました。

 天気も良かったので、恵まれた一日となった。サイクリングが最高!

 

No Wonder the Wallabies Were Wallies in RWC2019

Australia’s rugby team, the Wallabies, were ignominiously dumped from the 2019 Rugby World Cup that Japan is currently hosting (and being lauded for both its organization skills and the rousing performance of its unfancied team).

The Wallabies lost badly to England in a quarter final, mostly because they were not good enough as a team.

But Kangaeroo.com has also discovered another reason for the Wallabies’ woes.

Gorgeous Jindaiji Temple, which supported the Wallabies’ woeful World Cup, is situated in the Tokyo suburb of Chofu, location of the Aussies’ group stage loss against Wales on September 29 that effectively derailed their campaign on the field.

Jindaiji had proudly displayed Wallabies jerseys (alongside a Brave Blossoms team shirt, too, it should be noted) and supported the Australian team as it tried to regain the William Webb Ellis Trophy it last won in 1999.

The temple also displayed a daruma, a doll traditionally used to pray for good luck in Japan, as well as a message wishing the team well. Here is that message, reproduced in full (with spelling and grammatical errors intact):

The conetents the priest preached when he visited the camping place for the match

Daruma is a Japanese style a bringere of good luck which you can find at restaurants, in the houses and so son. This Daruma is representing a monk who was meditating for 9 years. When you think about meditation, you might think it’s static, but actually during meditation we are fighting against and enduring something like weakness or anger or worldly desires. Meditation is not just static, but also conflicting against ourselves. that’s the training of Buddhism and that’s the spirit which Daruma is showing to us. This spirit is exactly like the spirit of Rugby. It’s very dynamic in contrast, but you play desperately for one goal with focused. In Japan, there is a proverb associated with this Daruma. that is “Fall seven times, stand up eight.” It is a saying about never giving up no matter how many times life knocks you down because Daruma always comes back after falling down. The important thing is same in Sports. The high spirits touch people’s hearts. So, like this daruma, attend to the spirit and concentrate on the game and play a good game which touches people. I believe that this Daruma which you team put strong wish will bring good result. Today we want you to put one eye into Daruma. Putting an eyes means that you swear to start the mental training and achieve the goal. This ceremony is for the time which you have strong wish, so please don’t fool around make a wish.

Clearly, then, in spite of rumors of a rift in the Wallabies camp, the reason for such a dismal showing by the two-time champions and reigning runners-up was that they fooled around to make a wish.

At least the Wallabies retained the team’s excellence in selecting players with hyphenated names, the squad’s Lukhan Salakaia-Loto, Adam Ashley-Cooper and Dane Haylett-Petty continuing the Australian tradition of picking lads with monikers like Massy-Westropp, Comrie-Thomson, Farr-Jones, Scott-Young, Kenny-Dowall, Waerea-Hargreaves, Tuivasa-Sheck, Asofa-Solomona, Polota-Nau, Feauai-Sautia, Mann-Rea, Paenga-Amosa and Johnson-Holmes.

恐怖な国!蛇がワニを、クモがポッサムを食べちゃった!

 オーストラリアって、怖い動物がたくさんいる国だ!

 そして、この頃、その恐怖な状態の証になるような衝撃的な写真が出てきた。

 まずは、オーストラリア北部にオリーブ・パイソンという蛇が最も怖い動物のひとつであるワニを丸ごと食べている写真が撮られた!

 そして、それだけじゃない!

 今度は、豪州の真上から真下のタスマニア島へ移ろう。

 ある夫婦が旅行から帰ってきたら、まず見たのがこれだ!

 でかいクモがなん夜行性動物であるポッサムを食べていた!信じられる?

 オーストラリアにいると気をつけようね。

The stuff of nightmares! Husband and wife stumble across a spider eating an entire POSSUM

Amazing photographs show the moment a python devours an entire crocodile in a murky swamp

Thwack! Roo Taking No Nonsense From Paraglider

An Aussie paraglider copped a shellacking from the national symbol recently, going global with a video showing a kangaroo attacking him as he landed near Canberra.

The paraglider offered a warm welcome to the ‘roo only for the mean marsupial to pounce at the intruder and let loose with a couple of decent whacks.

The kangaroo bounded off, leaving the paraglider unharmed except for a case of hurt pride and footage that has not gone viral.

(Costumed) Kangaroo Stars In The “Worst Sports Movie Ever Made”

Matilda has been described online as “the worst sports movie ever made.” Kindly, as it turns out.
Matilda was a dreadful, alleged comedy about a boxing kangaroo that challenges for the world heavyweight champion title.
The movie was made in 1978, when Muhammad Ali was probably at his most widely popular (and the reigning world champion), and starred Elliot Gould, who was then still not too far off the peak of a career that continues going strong today.

Co-starring was another A-lister, Robert Mitchum, so it’s hard to argue that the cast and circumstances surrounding the movie didn’t pack a punch.

Unfortunately, the kangaroo featured in the film was clearly a bloke in a costume. With demonic eyes.
On top of that, the Australian involvement in the movie was non-existent outside of the kangaroo’s origins. And, as anybody who’s ever heard an American attempt an Australian accent or been to an Outback Steakhouse can attest, Americans don’t really put a lot of weight into authenticity when it comes to Down Under.
Matilda was based on a novel by Paul Gallico, whose research into Australia and kangaroos was so extensive he gave the male marsupial protagonist of his work a female name.
Perhaps Gallico had a portend of the movie’s fate, though, as he was most famous for The Poseidon Adventure, which would be adapted by Hollywood for another disaster movie of a different kind.

Directing Matilda was Daniel Mann, who made some impressive movies over his career.
For 考えRoom.com, though, with its interest in Australia and Japan, perhaps his most interesting movie was The Teahouse of the August Moon, which starred Marlon Brando in yellowface.
All in all, Matilda was a critical and commercial disaster. On the upside, though, it did get some decent movie posters from all over the world, as well as some other decent images, many of which can be viewed in the gallery.

Strewth! Roo-ed Awakening for Unsuspecting Cyclist

An Aussie cyclist got more than they bargained for in Australia recently.
 最近、オーストラリア人女性サイクリストが想定外の事故にあった。
While riding along at a gentle pace, the cyclist collided with a kangaroo.
 ゆっくりと走りながら、なんと、カンガルーと衝突事故した!
The kangaroo leaped out of the bush and struck the unsuspecting cyclist.
 カンガルーが道路脇にあった森から飛び出し、女性とぶつかった。
The woman hit by the kangaroo sustained minor injuries.
 カンガルーに引っかかれた女性が軽傷で済んだ。

Queensland cyclist crashes into kangaroo

感激!同性婚保安可決に豪国会内「合唱団」が豪州人統一感の歌を

オーストラリアが長年の対立の末、12月7日にようやく同性結婚を合法化し、法案が可決した瞬間国会傍聴席で「皆同じオーストラリア人」という歌を歌い出し、国会議員も一緒に歌ったという感激なハプニングが起こった。
 オーストラリアに同棲が多く、同棲の政治力が強いが同性婚反対である保守派が長い間権力を握った。
 青年でカトリック神学校の信心深い生徒だった2013年~2015年の間総理大臣だったトニー・アボット氏が同性婚を強く対抗し、認める措置を全面的に却下したが、現首相マルコム・ターンブル氏が同性婚支持者で知られた。

 ターンブル氏が与党である(補修派の)自由党内や宗教団体などの反対に対して先月国民投票の実施まで導いた。歴史的に成功率が極めて低かった国民投票では有権者の6割以上の人が同性婚に賛成した。
 その結果をもって、ターンブル氏が国会に同性婚認可法案を提出した。国会下院・上院でも圧倒的に指示された。結局、反対したのはわずか4議員。
 議席内の同性婚が圧倒的に指示されているにもかかわらず、アボット元総理をはじめ数人の議員が棄権した。豪国会では、法案が圧倒的に支持されている場合、表を数える必要がなく、同性婚についての投票がそのケースだった。
 法案が可決し採択されたら、同性婚が合法化された瞬間傍聴席から「我々がオーストラリア人」という曲が一斉歌えるようになった。一緒になった議員もいた。
 その曲が元々1960年代日本でもヒットした「ザ・シーカーズ」が作曲し、「非公式な国歌」と見る人が多い。同曲の歌詞は、オーストラリアの歴史の歴史をちなみ、色々な違いがあっても皆が同じオーストラリア人であることを強調し、対等性や平等や統一感を訴える曲であり、オーストラリア人の間に広く愛されている。

Australian parliament breaks into song after passing same-sex marriage law