Category: Strine Tucker

豪メルボルン郊外で激しくなっている「マック紛争」

 これこそがマック・アタック!どこにでもあり、幅広く支持されているので日本ではなかなか想像がつかない「マックドナルド紛争」が只今、オーストラリアメルボルン市郊外で大こととなっている。

Opponents of the McDonald’s restaurant in Tecoma.

 メルボルン中心部から東方約40キロにあるダンデノング山脈の一角にあるテコマという人口約3000人しかない小さな町にはマックドナルドのレストラン建設に関しての長年のバトルが今週結末となった。
 右記の地図が示すようにマクドナルドがメルボルン東部に進出していない。だが、長年、同社が森かピクニックや美しい風景などで観光地であるダンデノング山脈地方にレストランを開店することに努力したが、住民の猛反対で出来なかった。
 1990年代にかけて今世紀に入ってテコマの隣町であるベルグレーブでは開設計画がだめとなった末狙いがテコマに向かった。

McDonald’s restaurants in Melbourne’s east.

 環境保全を支持する同地域住民が昔から多かったので、今回反マックドナルド派の先頭に立っている。地域議員サマンサ・ダン氏らが言うのは、マックドナルドが地域性に会わず、24時間営業が地域の治安が懸念されるようになり、地域の会社が経営難となる。また、米国の多国籍企業が同地域に合わないという。ほぼ10年間戦ったが、23日付、借地人紛争に対して判決を下すビクトリア州立民間行政裁判所(VCAT)がマクドナルド側の歌えを支持、レストラン建設を事実上許可した。
 すると、猛反発。今、反対派が建設予定地を占領し、ガーデンを作った。一部の人がそこに24時間体制でキャンプしている。また、反対を訴える歌や動画を多数作成している。

ニュース関係

Maccas Tecoma battle would have been ‘too expensive’
Protesters threaten to chain themselves to Tecoma McDonald’s site to stop development
フェースブック関係
No Maccas in the Hills (グループ)
No McDonald’s in the Dandenong Ranges

Aussie Deli…cious!!! Not Authentic Aussie but Still Yummy オージー・デリ、、、シャス!!!

McDonald’s Japan’s Aussie Deli

McDonald’s Japan finally began long-awaited sales of the Aussie Deli at its outlets across the country from Aug. 31 for a couple of weeks.
 2012年8月31から約二週間全国マクドナルドにて販売するオージーデリとチーズ・オージーデリを食べてみた。
Kangaeroo.com has been skeptical about the burger, which comes in two versions — the premium sandwich with cheese and the plain burger. The main ingredient is uncooked pastrami beef in the cold burger and spicy mustard sauce acting as the main condiment. Our big beef, if you’ll pardon the pun, is that although the burgers are being promoted as Australian, the taste is nothing like food served Down Under, where local flavored McDonald’s includes beetroot, eggs and even pineapple.
 実は、販売前考えRooがオージーデリについてかなり疑い深いだった。オージーデリだと言え、中味のパストラミ・ビーフやマスタードがビーツかタマゴやパイナップルなど典型的なオージー味とかなりかけ離れているだから。
Thus we went into the taste test hoping to vindicate our anger at the Golden Arches’ affront of both Japanese consumers and Aussie McGourmands. And we must report the result that our misgivings were totally groundless. Admittedly, the pastrami and spicy mustard are not Australian tastes by any stretch of the word (earlier today, there was coincidentally a report in a prominent Australian newspaper that needed to explain what pastrami was to its readers, such is the rarity of its appearance on dining plates Down Under). Nonetheless, the burger is scrumptious, offering a refreshing, tangy taste. Although the sandwich in both its varieties possibly lacks a little beef in terms of volume, what substance it does provide the eater comes from the healthy serving of pastrami, which of course is Aussie Beef.

なので、味見した時、バカにされている日本の消費者とオーストラリアのマックグルメを支持するため結構偏見を持って食べてみた。しかし、味についての疑問が全く無根だった。このバーガー類がすごく美味しかった。あっさりしたパストラミとマスタードがよく似合い、量が少なめだけど中心となっているロース・ビーフのボリュームたっぱり。当然、その肉がオージー・ビーフだ。
McDonald’s Japan’s Aussie Deli with Cheese

Overall, the verdict on the Aussie Deli and Cheese Aussie Deli is….Aussie Deli…cious!!! (And Kangaeroo.com also got the added bonus of a serving of humble pie for our pre-sale skepticism.)
 結局、オージーデリ及びチーズ・オージーデリの総評価がオージー・デリ、、、シャス!!!

Incidentally, the real Aussie Deli types sold in Australian McDonald’s restaurants from 2004 to 2010 were the following:
Bacon and Egg.
Chicken Tandoori.
Turkey and Cranberry.
Chicken Caesar.
Deluxe Brekkie Roll
Sweet Chilli Chicken (trial in Newcastle, NSW)
Classic Ham (October 2004 – April 2006)
Italian Supreme (October 2004 – April 2006)
Veggie Presto (October 2004 – April 2006)
Change of Roast Beef to Barbecue Roast Beef (October 2004 – April 2006)
Barbecue Roast Beef (April 2006 – September 2007)
Chicken Parmigiana
Sweet Chilli Chicken roll.
BLT roll (part of Australian Bacon promotion)
Thai Chicken
Australian Aussie Deli TV Ads

She’ll be Apples! NYがどうでもいいよ!豪全国各地にあるBig Appleがあるぞ!

Australia’s Big Apples (clockwise from top left) — Thulimbah (QLD), Bacchus Marsh (VIC), Spreyton (TAS), Acacia Ridge (QLD), Yerrinbool (NSW), Donnybrook (WA) (inset) Batlow (NSW)

 英語圏のほとんどではBig Appleと言えばまず同市の別名であるニューヨークのことを思い浮かぶが、実はオーストラリアでは7つの州中ノーザン・テリトリー州南オーストラリア州を除けば豪州全ての州にBig Appleがある。
クイーンズランド州スリンバーアカシア・リッジニューサウス・ウェールズ州バトローイェリンブールで両州がBig Apple二つずつも存在し、後は西オーストラリア州ドニブルックビクトリア州バッカス・マーシュタスマニア州スプレートンで各州それぞれひとつずつのBig Appleがある。(実は、タスマニア州はりんごの大産地であるため、アップル・アイル<林檎島>という別名もある。)
 当然、各Big Appleがオーストラリアの「Big Things」の仲間である。
 オーストラリアのBig Apple全てがりんご産地にあるが、背景に特に面白いのはニューサウス・ウェールズ州にあるバトローのオブジェだ。
 観光などを促進するために他の「Big Things」と違って同村にあるBig Appleが立ち入り禁止の農家に位置している。
 遠くからしか見えない。そして、見えるところがほんの少しだけだ。まるで製作者のみの物だけだ。
 しかし、このことによって少なくとも他の「Big Things」と共通点がある、、、何であるのかよく分からない!
 それだけで、she’ll be apples, mate!

チョコで作られたガーデンがメルボルンに出来た

Kirsten Tibballs in the Chocolate Garden at Savor Chocolate School in Melbourne.

 花、蝶々、草、土、木なども全部チョコレートで創られた「ガーデン」がメルボルンで21日付に出来たとエイジ紙が報道した。
 メルボルン市にあるセーバー・チョコレートとペストリー・スクール校長カーストン・ティッバルズ氏が600キロのチョコレートを使って3ヶ月かけてチョコガーデンを作った。
 費用が莫大だったので「言いたくない」と同氏が笑いながら言う。 
 同校は、世界中多くのケーキ大会に出場したり、「ケーキ彫刻」や「ケーキ・アート」に熱心。

Chocoholics set to demolish edible garden
同校ワールド・チョコレート・マースターズ出場風景(2011年日本人が世界2位に選ばれた)

被災地生徒たちが豪の和牛牧場を訪問

Japanese junior high school pupils at the Blackwood Valley Farm in WA on Friday.

 東日本大震災・被災地である福島県飯舘村の中学生16人が西オーストラリア州ボイップ・ブルックの有機農業和牛牧場を訪問し、将来に対しての希望を再び沸かされた、とオーストラリア放送協会(ABC)が10日付報道した。
 中学生たちが夏休みを使って真冬のオーストラリアを訪ねている。
 昨春より東日本大震災・被災地支援活動「いっしょにがんばろう日本(Together with Japan)」を行っているオージー・ビーフ(MLA豪州食肉家畜生産者事業団)の協力の下、オーストラリアの肉牛飼育業がどのように営まれているかを見学するために、現地の牧場を訪問した。
 「今回の訪問は、生徒たちに牛飼い業や地域の立ち直れに繋がればいいな」と同行しているオージー・ビーフ日本担当マネージャー近藤 美穂子氏が言った。
元記事(English)
Japanese kids get a taste of farming down under
(訪問先)Blackwood Valley Beef


大きな地図で見る

豪で発売するラム肉バーガーこそがオージー味であり、日本マクドナルドが日本消費者に不誠実

日本マクドナルドのAussie Deliバーガーが豪Maccasらしくない!

McDonald’s Australia’s Serious Lamb Burger, on sale Down Under from next week.

McDonald’s Australia has decided to get Serious! Literally, with the Serious Lamb Burger. But, and we’re sorry to be Maccas whackers, the Aussie Deli due out in Japan later this month is, frankly, insincere to Japanese consumers at best, and blatantly false advertising at worse.
 日本マクドナルドが「オーストラリア生まれのおいしさ』をうたい文句に発売するAussie Deliがいよいよ販売開始が近づいているが今週マクドナルド・オーストラリアがほぼ同時に本格的なオージー味であり開発18ヶ月にかけたという「シリアス・ラム・バーガー」を発売することを発表した。
About the only things “Aussie” in McDonald’s Japan’s upcoming Aussie Deli burger are the name and the type of beef used in the patties, a point the local restaurant chain probably recognizes by marketing it as “Australian-born taste” rather than something specifically linking it to Down Under. But at around the same time it goes on sale, the more authentically Australian Serious Lamb Burger will be hitting Maccas across Australia.
 先月、考えRoo.comが伝えたように日本マクドナルドがAussieとしているバーガーが実際に名前以外少しでもオーストラリアらしくない。中身が典型的な欧米風であり、豪風バーガーに欠かせない材料であるビーツかタマゴやパイナプルなどがどこにもない。
As we reported in a Japanese language entry in Kangaeroo.com last month, there’s not much authentic “Aussie” about the Aussie Deli burger due to go on sale in Japanese McDonald’s restaurants later this month.

Fillings in the Serious Lamb Burger

 オーストラリア・マクドナルドでは実際に昔も今もオーストラリアらしいバーガーを販売している。しかし、来週からマクドナルド・オーストラリア全店に同社初ラム肉バーガーが発売する。おまけ、同バーガーの材料としてビーツもタマゴも使われる!
It begs the question “why?” as there have been — and currently are — authentically Australian burgers on the McDonald’s Australia menu in the past, including traditional Aussie burger fillings such as beetroot, eggs and pineapple. (The Aussie Deli, meanwhile, centers around pastrami, a beef that says more “New York” than “Cape York” to us). Even more so because from next week, McDonald’s Australia will start selling a more authentically Australian burger, its first to feature lamb on the menu, the Serious Lamb Burger (and Lamb Wraps). What’s more, its fillings even include beetroot and egg!
 多くの日本人にとってラム肉もビーツも馴染みのない食品だが、実はこれらが本格的なオーストラリア味だ。オーストラリアではマクドナルド風高級品としてマーケティングされている。この数年上級アンガス・ビーフ使用などの続きなので、ある程度理解できる。羊大国であるオーストラリアではラム肉がマクドナルドのハンバーガーに使うのは同社が進出して約40年間もかかった(今まで、ビーフが食べちゃいけないヒンズー教信者が多いインド以外にどこにも販売したことが無い)。
Many Japanese palates find lamb and beetroot aren’t to their liking, but they’re actual Aussie tastes. McDonald’s Australia is marketing the Serious Lamb Burger as an upmarket product. It’s been plugging an upmarket line, such as using prime Angus Beef and the like, for the past few years, so the development makes sense.

Serious Lamb Wrap Taster, on sale at Maccas outlets across Australia from next week.

 では、なぜ日本マクドナルドがオージーらしくないバーガーをAussie Deliというのだろう?理由が理解できないし、日本の消費者に対して見下しているような気がしないでもない。販売するオージービーフも恐らくこれおを助長していると思う。何かくさい、、、恐らく焼いているラム肉の匂いじゃないだろうと思う。
All this adds up to why McDonald’s Japan is marketing an “Aussie” burger that has almost nothing “Aussie” about it. We can’t understand why, and can’t help feeling the company is disrespecting Japanese consumers. We reckon Aussie Beef, the Japan arm of Meat & Livestock Australia, has probably got its hands in this in some way, too.
Something stinking in Japan…and we don’t think it’s the smell of the lamb frying.

McDonald’s Australia’s Upmarket Burger Campaign

豪国民食であるミートパイを称えるBig Pie

The Big Pie, Yatala, QLD

 元イギリス植民地だったせいかもしれないが、オーストラリア料理の発達が極めて最近のものであるが、昔も今でも「国民食」と呼ばれても良いほど愛されている食べ物がミートパイだ。
 ミートが基本的にビーフだがチキンもラムやポークもよく食べられているし、各種の野菜もグレービーが定番の材料となっている。量産ミートパイが大人気だが小さな街中パン屋さんも自家製パイも普通であり、主食としても間食としても食べられている。
 全国どこでも自家製のミートパイが作られているが量産物以外地域限定というようなものがあまりない。しかし、クイーンズランド州ゴールド・コースト市ヤタラという所でミートパイが目立つ理由は味だけじゃなく、そこにミートパイを称える「Big Things」のひとつであるBig Pieの所在地だ。
 Big Pieは直径4.5メートルでありパイ屋の前に高さ約10メートルのポールの上に設置してある。Big Pieが設置してあるYatala Pie Shopは歴史130年であり、自称「オーストラリア一のパイ屋さんだ」。おまけ、ドライブ・スルーで買える。同パイ屋さんが観光名所となっている。


View Larger Map
The Strine Why Atorkin: Natchrule Strine
Famous Yatala Pies