Category: Strine Tucker

No Beef About Getting Some Get up and Go!

580498pAussie Beef is, with perhaps Tim Tam bikkies or Uggies in winter, one of the most visibly prominent signs of Australia in the everyday lives of ordinary Japanese.
 平凡な日本人の日常生活の中ではティム・タムビスケットと冬用のUGGブーツに並べてオージー・ビーフが恐らく最も目立つ豪産品であるだろう。
Meat and Livestock Australia has a fine track record for selling Aussie Beef in Japan, dating back to the early 1990s after U.S. negotiators forced the market open in anticipation of selling beef the way the Aussies actually have.
 1990年代前半で市場が自由化された以降豪州食肉家畜生産者事業団がオージー・ビーフ販売の実績を蓄積してきた。皮肉的に、市場参入が可能にした米国側より日本市場で米国産牛肉より意外と売れた。

Uluru shaped from beef for the MLA campaign in Japan.

Uluru shaped from beef for the MLA campaign in Japan.

Now, Aussie Beef has come out with a new promotional campaign centering on the healthier aspects of beef consumption, offering prizes including beef to the equivalent of a single head of cattle or a tour of Australian “power” spots.
 オージー・ビーフがただ今PRキャンペーン中であり、一人当たり牛肉牛1頭分相当及びオーストラリアのパワースポット旅行などの賞品を受賞できる。
Part of the PR campaign running from Aug. 1 to Sept. 30 is a series of commercials featuring some occasionally quirky characters who get their get-up-and-go from eating Aussie Beef.
 キャンペーンに伴ってちょっと変わっているキャラがオージー・ビーフを元気にしてくれるPRをする。

オージー・ビーフ&ラム公式サイト
「オージー・ビーフで元気」キャンペーンサイト

(Aussie) Black Swans Give (Japanese) Koi Fish a Decent Feed

SwansfeedBlack swans are endemic to Australia and symbolic to the country, particularly Western Australia, where the avian beauty is almost synonymous for anything Sandgroper.
 黒鳥は、オーストラリア国有鳥であり、州の象徴である西オーストラリア州では特に称えられている。
Koi fish, meanwhile, play a similar role for Japan, immediately evoking an image of the Land of the Rising Sun.
 鯉は、言うまでもなく、超日本的であり、日本のシンボル一つと言っても過言ではないはずだ。
This clip could be called a cute view of Australia-Japan friendship.
 なので、本動画が日豪友情の表れとも言える。

豪マクドナルドがレストラン名をオージー英語使用に

Maccas オーストラリアの英国植民地化を記念とする1月26日が同国で「オーストラリアの日」という祝日となり、それに伴って豪マクドナルドが一部のレストラン名称を豪スラング名を一時的に使用することになったとマクドナルド・オーストラリア社が1月に発表した。
 オージー英語(ストライン)では、マクドナルドが「Maccas<マッカーズ>」という。
 おそらく、それの方がよく使われている名称である。
 同社は遊び心を込めて今年のオーストラリアの日に伴って一部のレストランの名称を変更し、店の看板を変えたりなど、様々な方向として2月上旬までマクドナルドではなくMaccasと呼ぶ。
Macca’s – an Australian-made nickname up in lights for our national day

追伸:共同通信が以下のように報道した。
マクドナルドが「マッカズ」に 豪で地元愛称が看板に2013.1.23 08:58

オーストラリアでの愛称「マッカズ」に取り換えられたシドニーのマクドナルドの看板

オーストラリアでの愛称「マッカズ」に取り換えられたシドニーのマクドナルドの看板

 日本では「マック」や「マクド」と呼ばれることの多いファストフード大手マクドナルド。オーストラリアでは「マッカズ」の愛称で親しまれており、同社は23日までに、キャンペーンの一環として、国内の一部店舗の看板をマッカズと表示された特別仕様に取り換えた。
 26日の建国記念日「オーストラリア・デー」に向けた期間限定の“改名”だが、マクドナルドが看板表示を愛称に変えるのは世界初という。
 地元住民を対象とした調査で、半数の人がマッカズと呼んでいることが判明。オーストラリア特有の愛称といい、同社は「地元社会の一員になれたことへの誇りを示したい」としている。取り換え対象は13店舗で、2月上旬に元に戻す。
 同社はまた、オーストラリア英語の権威として知られる地元の辞書に「マッカズ」を追加するよう申請している。

大ヒット中のTimTamって「豪菓なビスケット」と言っていい?

 今では、オーストラリアの味が日本でひそかなブームが起こっている。
Australia is, in a way, flavor of the month of sorts in Japan at the moment.

 それはチョコ・ビスケットTimTamのことだ。
That exalted status is thanks to the humble TimTam.
IMG_6258 今、日本のどこのコンビニーでも売られているし、多くの駅売店でも販売されている。
TimTam biscuits are now sold in just about all of Japan’s ubiquitous convenience stores and most station kiosks in the capital and surrounding prefectures.
 TimTamは、1963年からオーストラリアで製造し始まった。2つのビスケットの間にクリームが挟まれ、全体がチョコレートでカバーされる。発売されてすぐに人気となり、オーストラリアを象徴する味ともなった。
TimTam biscuits were first made in Australia in 1963. They are comprised of two biscuits sandwich cream filling and covered entirely in chocolate. They have become a symbol of Australia.
 しかし、元々製造した豪アーノッツ社が米キャンベル・スープ社に買収された。
However, ownership of Arnott’s Biscuits Holdings, the company that produces TimTams, has fallen into the hands of Campbell Soup, an American company.
IMG_6259 これによって同ビスケットが日本を含めて世界中に楽しめるようになった。 
This led to TimTam biscuits being sold throughout the world, incluing to Japan.
 しかし、オーストラリア国家主義ビジネスマンであるディック・スミス氏が米国会社に買収されたことに対して競争する劇的に似ているTemptin’ビスケットを2003年に販売した。
However, it also prompted Dick Smith, a nationalist Australian businessman, to come up with Temptin’ biscuits, a fully Australian-owned biscuit that bore an extremely close resemblance to the TimTam and went on sale in 2003.
アーノッツ社が同氏を訴えて、両社が結局和解した。
Arnott’s responded by suing Smith and the two parties came to a settlement that ended their bikkie war.
TimTamFlavors 日本では、このビスケットがキャンベル・ジャパンが販売している。
Campbell Soup Japan sells the biscuits in this country.
 今、日本ではOriginal, Dark Chocolate, Classic Dark, WhiteとChewy Caramel味の上に細長い版Fingersが販売されている。
Currrently, the TimTam flavors on sale in Japan are the Original, Dark Chocolate, Classic Dark, White and Chewy Caramel biscuits, as well as the Fingers snacks.
 しかし、オーストラリアでは上記の味の他にRum Raisin, Chewy Choc Fudge, Mocha Coffee, Chilli Choc Fling, Tia Maria, Double Coat, Creamy Truffle Temptation, Black Forest Fantasy, Hazelnut PralineとLove Potion味で販売されている。
TimTamTiaMariaIn Australia, TimTam biscuits currently or formerly on sale included the above flavors as well as Rum Raisin, Chewy Choc Fudge, Mocha Coffee, Chilli Choc Fling, Tia Maria, Double Coat, Creamy Truffle Temptation, Black Forest Fantasy, Hazelnut Praline and Love Potion,
 その上、インドネシアではCheese味TimTamもある。
In addition to these flavors, it’s also possible to buy Cheese TimTam biscuits in Indonesia
Cheese TimTam 日本で販売されているが他が販売されていないTimTamは、ボックス型包装で、ひと箱何個かが入っている商品だ。
Japan’s multi-packet boxes are a TimTam sales form not found in Australia.
 有名なTimTam楽しみ方は「TimTamスラム」と呼ばれている。
The TimTam Slam is a well-known method of consuming the biscuit.
 これは、ビスケットの上と下各一角ずつを噛んでコーヒーや紅茶などの飲料品に入れて噛まれているところの穴から飲料を吸い込むような形で飲み、飲み物の美味しさと共にTimTamも味わえる。日本の放送上で「TimTamスラム」の方法がしっかりと書かれている。
This involves taking a small bite out of the corners at diagonals on a TimTam, dipping the biscuit into a beverage such as coffee or tea, and then sucking the beverage through the holes created in the TimTam, allowing for a taste of the bikkie while consuming the drink.

What’s a bikkie?
Oh, a bikkie is this, too.
Arnott’s Australia
Campbell Japan TimTam Page

色々な意味で象徴的な豪の「羊風」Big Things

The Big Merino, Goulburn, NSW

 イギリスが刑務植民地した1788年以降オーストラリアの存在に大きく関わって、壮大な貢献をしてきた羊。
 羊毛でも羊肉でも、そして羊製品などが19世紀初代から現在に渡ってオーストラリアにとって重要な輸出物であり、国内では雇用や商売にかかせない存在だ。
 人間一人に対して10匹以上もいる羊がオーストラリアがこの動物をどんなに頼るのかを示すだろう。
 だとしたら、もう一つオーストラリアの象徴である形式で称えてもいいだろう?
 もちろん、羊関係が「Big Things」の仲間に入っている。
 実は、同じものを何回も祝っている場合もある。
 たとえ、Big Merinoだ。

 ニューサウスウェールズ州にあるゴールバーン市が地方都市であり、羊牧場などと歴史が長い。

The Big Merino, Blackall, QLD

 オーストラリア初内陸都市とも言われているこのゴールバーン市。
 メルボルンとシドニーを繋がるヒューム・ハイウェイに位置している。
 同市の観光名所となっているBig Merinoがそこに置かれている。
 恐らくオーストラリアの数多くある「Big Things」の中の有名なオブジェ一つと思う。
 ここではお店やお土産屋などがある。
 もう一つのBig Merinoもある。
 これがクイーンズランド州ブラッコールという小さな町にある。
 ブラッコールという町も同町のBig Merinoのいずれもゴールバーンに負けるがオージー英語ではこの小さな町が重要な役割を果たしている。

The Big Ram, Karoonda, SA

 オーシー英語では、Beyond the black stump(黒い<木などの>株の彼方という意味)という表現がある。「はるかの奥地」を示す表現だ。
 そして、元々の黒い株がこのブラッコールにあったという。(他の町にも同じことを言っている箇所が多数あるけどね、、、)。
 ちなみに、Big Merinoのメリノが羊の種類であり、オーストラリアの羊産業で最も関係した種類だ。
 ふたつのBig Merinoがあると同じように二つのBig Ramもある。
 (ところで、ラム<ram>が「雄羊」という意味、ラム<lamb>(子羊)じゃない。)

The Big Lamb, Guyra, NSW

 まず、南オーストラリア州にあるカルーンダ町にBig Ramがある。
 これが同地域が羊毛及び羊肉が盛んだから羊を称えようとして作られた「Big Things」だそう。
 高さ2メートル位なので、それほどビッグではないよね。
 間違いなくデカイRamは西オーストラリア州のBig Ramだ。
 これがウェジンという町にあり、考えRooが以前に取り上げている
 また、ラム(雄羊)だけではない。
 今回こそラム(子羊)を称える「Big Things」がある。
 ニューサウスウェールズ州に一旦戻って、ガイラという町にたどり着く。
 
ここには子羊だけでなくじゃが芋を称える「Big Things」がある。
 ガイラのBig Lambは子羊像であるが、その可愛いな子羊がじゃが芋の上に座っているような感じとなっている。
 この地域は、じゃが芋も名産物だそうだ。
 そして、それだけじゃない。
 羊より羊からとった羊毛もちゃんと「Big Things」に入る。
 これがビクトリア州に羊毛生産地として有名なハミルトンではBig Wool Balesがある。

The Big Wool Bales, Hamilton


 このオブジェが羊毛の袋をでかくしたものだ。
 羊毛袋をしているビルは実際にお土産屋とカフェだ。

* これが「Big Things」シリーズ最後となります。

モー、、十分か?牛関係のBig Thingsでもオーストラリアに盛ん

The Big Mallee Bull, Birchip, VIC

 オーストラリア経済にとって乳製品・肉食関係などがいずれも重要な分野であり、国及び国民のほとんどに欠かせない存在である。
 なので、オーストラリアでの生活になんらかな不思議な影響がある「Big Things」も当然牛などと関連するものも多数。
 多分、背景が最も面白いのがビクトリア州バーチップにあるBig Mallee Bull。

Big Bulls in Rockhampton, QLD

 Malleeという言葉をオージー英語でたくさん意味があるが、主に地域や木の種類に使われている。
 そして、fit as a mallee bullという表現は、独特なオージー英語であり、どんな豪州人でも分かるはずだ。直訳すると「マリー地域の雄牛並みの体が鍛えられている」で、意味が「極めて壮健だ」。
 それに因んでビクトリア州のマリー地域にあるバーチップが街のど真ん中に巨大な雄牛を称える。
 問題は、実際にmallee bullという牛が元々存在しない。
 でも、それを別においておいて、他も見てみよう。

The Big Cow, Yandina, QLD

 まずは、北部のクイーンズランド州から始まろう。
 南回帰線にあることで有名な町ロックハンプトンは元々ビーフ産業が栄えている地域である。
 それを称えるため地域の象徴である牛3頭の「Big Things」を町のあっちこっちに設置されたが、一つが朽ち果てたようで現在2頭のBig Bullしか残っていないらしい。
 そう遠く離れていないのが同州ヤンディナ
 ロックハンプトン同様、この地域も牛産業が重要であり、牛の「Big Things」が作られた。

The Big Bull, Wauchope, NSW (Now gone)

 もう一つの特徴がしょうが農家が多い。
 決してイヤンディナという地域について「しょうがない、な~」と言い難い。
 実にしょうがだらけだ。
 はい、くだらないギャグをやめよう。
 ニューサウスウェールズ州海岸添え北部の町ワーチョープは元々「Big Things」があった町。
 だが、そこにあったBig Bullは、老化で約5年前撤去されたようだ。
 オープンした当時お土産屋やビーフに関する展示があったようだったが、集客力があまりなかった見たい。

The Big Cheese, Bodalla, NSW

 同州南部海岸添えの方へ行くとボダラという町がある。
 ボダラは牛が有名というよりチーズをはじめ乳製品が有名だ。
 そこで同町に巨大なチーズ像がある。
 だが、上記Big Bullと同じようにこれも老朽化し、今一般人がなかなか近づかないようになっているようだ。
 しかし、ハイウェイから良く見えるらしいし、写真も撮れる。
 そして、他の牛などに関連する「Big Things」は、以前に考えRooで取り上げられているものだ。
 今週、話に触れたばかりのBig Cowsがある。
 これらが他数件と一緒にビクトリア州「Big Things」都であるフィリップ島にある。
 同島のニューヘーブンという町にある。

The Big Cows, Newhaven, VIC

 (皮肉的にカウズ<牛の複数形>でありながらカウズという町がとなりにあってにもかかわらずそこで立てられなかった。)
 そして、ほぼオーストラリア全国に渡って西オーストラリア州へ。
 ここにはCow on the Cornerという巨大な牛がある。
 このデカイ牛はブランズィック・ジャンクションという町にあってにも関わらず、日本と深い関係がある。
 日本で発売されているLady Bordenアイスクリームが元々この地域に作られて1990年代以降輸出された。

Cow on the Corner, Brunswick Junction, WA


Birchip (includes Big Mallee Bull footage)

世界中に高く評価されている豪ワインを称えるBig Things

The Big Church Block Wine Bottle, McLaren Vale, SA

 この数十年間の間、オーストラリアが世界有数のワイン産地となっている。
 当然、ワインがオージー文化に根が強くなればなるほど社会全体に与える影響が大きくなり、当然(?)それが「Big Things」と繋がるようになった。
 オーストラリアで初めてワイン産地として認められたのは南オーストラリア州だった。同州も「Big Things」の都でもある。
 なので、恐らく同州の「Big Things」が多いと思うだろうが、そうでもない。
 実際に1件しかない。それが高さ10メートルのWirra Wirraワイン瓶でありBig Church Block Bottleだ。それでも、元々南オーストラリア州にあった訳でもなかった。

The Big Wine Cask, Mourquong, NSW

 最初にこの巨大ワイン・ボトルが2010年メルボルンにあったメルボルン・フード&ワインフェスティバルのために作られて、祭りが終わったら南オーストラリア州、ワイナリーがあるマクラレン・ヴェールまで運ばれて設置された。
 この「Big Things」のもう一つの魅力は全部コルクで作られているのだ!
 隣のビクトリア州のワイナリーがだんだん評価されるようになって今栄ええている。

The Big Wine Bottle, Rutherglen, VIC

 同州一つのワイン産地がラザグレンという町だ。
 ここでもワイン瓶の模様の「Big Things」であるが、実際に作られたということより同町のBig Wine Bottleは給水塔が改造されたもの。
 そして、さらにワイン関係の「Big Things」がある。
 今度は、ニューサウスウェールズ州を見てみよう。
 ちょうどビクトリアとニューサウスウェールズ州境界となるマレー川に置かれている町モーコングにはオーストラリア発明でもある使い捨てワインたるを称えるBig Wine Caskがある。

The Big Wine Bottle, Pokolbin, NSW

 そして、最後に同じ州だが、中部にあるポコルビンでは高さ7メートルのBig Wine Bottleがある。(ちなみに、ポコルビンには少しでも日本らしくない「日本庭園」とされているガーデンもある!)
 これも、他の巨大ワイン瓶同様、独特なところもある。
 この瓶は「Big Things」でありながら、設置されている住宅の実の煙突でもある。
 人目、あまり味気ないデカイワインボトル群れだが、コルクで作られたり、改造給水塔や実用的な煙突ない、実際に
面白いもあるかもしれない。