Tag: leave

豪キャブラリー:Nick out

ちょっとだけ出かける場合は、オージー英語ではnick outという表現が使える。こっそりと動く感じもある。
 由来は小さく刻むのnickから来て「小さく出かける」という感覚で思ったら分かりやすいかもしれない。(しかし、刻むのが物ではなく言葉だ。)ちなみに、このnickもnicknameのnickでもある(小さい名前という意味)。

英・米語日本語
Nick outSneak out抜き出す、こっそりと逃げる、ちょっと行って来る

豪キャブラリー: Shoot through

Shoot through (打って通れば)を聞くと何となく「銃の引き金を引く」ような感覚を起こすかもしれないが、実際にオージー英語でこの表現を使えば一切そういうような意味がない。実は、「打つ」(shoot)と一切関係ない(だったら、なんで使うかと言いたくなるよね、、、)。「出ていく」とか「場を去る」などの意味。Shoot offも同様の意味として使う場合もある、「急いでいく」ような感覚があるが、shoot offのほとんどの使う時がshoot off your mouth(口を打つ!)になり、「しゃべり過ぎ」という意味のだ!

英・米語日本語
Shoot throughLeave, depart出ていく、その場を去る