Tag: anime

Aussie Anime hits Tokyo with a Blast….of Flatulence!

Gus, the animated tale of a Neanderthal child with uncontrollable flatulence, is one of two Australian films selected to take part in the Japan Kinder Film Festival drawing to a close in suburban Tokyo this weekend.
豪作品ガスのコントロール出来ないネアンデルタール人子供の話アニメ『GUS おならで大発見!』と短編映画『ジュリアン』という2作品が19日調布市グリーンホールにて20th Anniversary キンダー・フィルム・フェスティバルに上映される。
Accompanying Gus will be Julian, a short film that will feature Japanese voice actors performing live translations of non-Japanese films as they show.
『ジュリアン』の上映は、声優さんがその場でライブで日本語に吹き替える。
Japan Kinder Film Festival, the only international film festival for children in Japan, has one final session to run on Sunday, Aug. 19, from 1:30 p.m. at Green Hall, Chofu.
Ticket prices range from 150 yen for children, pensioners and the disabled to 500 yen for adults.
前売券が150円(子供、高齢者等)~500円(一般)にて発売中。

Kinder Film Festival (English)
Kinder Film Festival (日本語)
20th Anniversary キンダー・フィルム・フェスティバル
20th Anniversary Tokyo-Chofu Kinder Film Festival

「巨人の星」がBig Wickets意味を理解補足に

The Big Wickets, Westbury, TAS

 タスマニア州ウェストベリーという田舎の町には巨大なウィケットがある。
「ウィケットって何?」
と思っている人が多いだろう(そもそも考えRooを読んでいただいている人がそもそも「多い」と言い難いけど、わざわざここまで来ていただいた方々の中では「多い」という意味だが、余談、、、)
ウィケットは、クリケットに使う重要な道具だ。
「うん、、、じゃ、それだったら、クリケットって?」と思うよね。
ま、簡単に言えば野球の元となったスポーツと思えば良く、オーストラリア見たいの英国連邦諸国では非常に人気夏スポーツだ。

Wickets in an Indian “Kyojin no Hoshi” dream sequence.

 ちなみに、今年あの有名なアニメ「巨人の星」がインドでリメイクすることになったが、インドではクリケットが非常に人気あるため話が野球ではなくクリケットの話しとなった。
ウェストベリーにBig Wicketsがあるのは初タスマニア出身オーストラリア代表クリケット選手ジャック・バッドコック氏を称えるためだ。高さ3メートル幅約3メートルであり、本物のウィケットの大きさのおよそ6倍であり、オーストラリアの「Big Things」仲間入りとして十分な根拠がある。
 

クリケットを題材としたインド版「巨人の星」