Tag: Cairns

There’s Something Fishy About豪州の魚介類Big Things!

Big Murray Cod, Swan Hill, VIC

 一昔前まで魚をはじめ魚介類は一般オーストラリア人の食生活にそれほど馴染めなかった。
 が、今ではお寿司(質のことを別に置いておいて)が昼食必需品などで決してそれはもう言えない。
 なので、オーストラリアの国のシンボルのひとつと言えるかもしれない「Big Things」に入っているのが不思議ではないだろう。
 完璧な例がビクトリア州ニューサウスウェルズ州の州境界となっているマレー川(オーストラリア最長川でもある)に存在するマレー・コッド像が観光町スワン・ヒルにある。
(駅そばに設置している魚像がちっと違和感を感じさせるかもしれないが、、、)。

Giant Murray Cod in Australia
ちなみに、同町も19世紀で外輪船で有名だった上に、20世紀初期にオーストラリア初の米栽培が日本人が周辺で栽培した。

The Big Trout, Adaminaby, NSW

そこからさらに東方へ行って海岸に向かうとスノイ山脈がある。
そこにはニューサウスウェルズ州の小さな町アダミナビがある。
同町の主な産業が観光だ。
しかし、ちょっと面白い過去がある。
1950年代を中心に水力発電スノイ川ダム計画の一部としてアダミナビをはじめ四つの町が町ごと動かされた。
 オーストラリア唯一ノーベル文学書受賞者パットリック・ホワイト氏の初小説の舞台ともなった。
 が、これは余談。同町に「Big Things」がある!観光名所の理由ひとつが魚釣りだ。
そして、同地域のマスが「ますます」美味しいという評判だ。
なので、それを称えるのがBig Troutだ。ちなみ、この巨大マスのモデルとなったのは冷凍食品だったそうだ。

The Big Trout, Oberon, NSW

1973年制作、高さ10メートル重さ3トンで見事な魚。
 同州をさらに北部へ向かうともう一つのBig Troutもある。これがオベロンという町にあり、アダミナビ同様マス釣りが有名な町だ。
 そして、さらに北は飛んでいくとオーストラリア最北部にあるファーノースクィーンズランドがある。
同地域の最も大きな都市ケアンズにBig Marlinがある。
グレート・バリア・リーフやデイントリー地域などで有名なケアンズはカジキ類の聖地とも言えるので、そこで世界最大級なカジキが釣られた。
そのことを象徴として同市がBig Marlinという高さ約8メートルのカジキ像を建てた。 
 今までも考えRooの「Big Things」連載で他の魚や魚介類関係のオブジェを紹介した。
それはThe Big PrawnファーノースクィーンズランドBig Barramundi南オーストラリアBig LobsterBig Oysterビクトリア州Big YabbyBig AbaloneBig Dead Fish
 こんなに魚や魚介類がオーストラリア人の日常・非日常生活の中に溶け込んでれば海事大国といっても過言ではない。 

「ワニに食べられないで学校へ行けるのが全ての子供の権利だ」

A crocodile similar to the one threatening children on their way to school in Wujal Wujal, QLD.

 クイーンズランド州北部ウジャルウジャルでは、老朽化した橋と洪水によってワニが通学路に近づくようになり、地域の子供たちが危ないだ、と豪news.com.auが2日付報道した。
 ウジャルウジャルは、人口約300人で住民のほとんどが先住民。
 通学するためブルームフィールド川を渡らなければならないが使う橋が老朽化した。州政府が新しい橋建設のために予算がとているが、お役所仕事で着工が遅くなり年末頃から始まる雨季に予定通り建てられそうも無い。橋の建設は具体的にできる時期が未だに決まっていない。
 そして、最近、町のバス停近くにワニが見かけれて、住民が通学する子供たちの安全を懸念している。
 「ワニに食べられないで学校へ行けるのが全ての子供の権利だ」とウジャルウジャル住民であるフランセス・ウォーカー氏がいう。
 下記のビデオはこのケースと別件だが、ケアンズからそれほど遠くないウジャルウジャルではこのようなことが多いらしい。
Crocodile fears for schoolkids as bridge delayed



大きな地図で見る

Big Captain Cookが只今売り出し中

The Big Captain Cook, Cairns, QLD

 オーストラリアの英国植民地化に深く繋がっている人物であるジェームズ・クックが意外と豪州「Big Things」仲間入りしている。
 クィーンズランド州北部にあるケアンズではキャプテン・クック・ハイウェイ添えに1960年代に作られた高さ7メートル幅2メートルの敬礼しているBig Captain Cookがある。
 キャプテン・クックは、1770年にオーストラリア東海岸を到達している間初めてヨーロッパ系の人がケアンズ周辺まで行った。その18年後、イギリス人がオーストラリアを入植した。
 実は、このBig Captain Cookも日本との関連もある。元々設置された場所の土地は日本の企業に買収され、解体・撤去するという話しがあり、今では売り出し中だそう。お金も土地さえあれば、誰でも「Big Things」のオーナーになる大チャンスだ!


大きな地図で見る