Category: Unknown Nichigo

豪で日本人アーティストのパイオニアだったSandiiはSunsetzから再びSunrise

Sandii and the Sunsetz play in Adelaide, 1984.

Sandii, responsible for one of Japan’s first (and extremely rare) marks on Australian popular music charts back in the early 1980s, remains active in the Japanese entertainment world, performing live in Tokyo on Aug. 5 during the Ocean Peoples event at Yoyogi Park
1980年代前半にオーストラリアでヒットした非常に稀な日本人パフォーマーとしてサンディーは、今でも活躍中であり、8月5日東京代々木公園にて「Ocean Peoples」に関連したライブを行なった。
While fronting Sandii and the Sunsetz back in the 1980s, Sandii scored a #11 hit on the Australian pop music charts in 1984 with Sticky Music. A successful tour of Australia accompanied the hit, including a show in the Adelaide suburb of Glenelg as an alcohol-fueled riot that led to 66 arrests broke out.
サンディーは、Sandii & the Sunsetzのリードヴォーカルとして1984年にオーストラリアで11位にランクインしたちょっとしたヒット曲「Sticky Music」をリリース、同年に曲と並行したオーストラリア国内ツアーもアデレード市内で暴動が起こしながらライブを続けたことを含めて大成功を収めた。

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/iV8mIgMy4vs” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen></iframe>
It was only the second Top 20 hit by a Japanese performer in Australian recording history, following her good friend Ryuichi Sakamoto, who charted earlier the same year with the haunting title track from Merry Christmas Mr. Lawrence, a joint Japan-Britain-Australia film directed by Nagisa Oshima and starring Sakamoto and David Bowie.
オーストラリアで日本発の曲がヒットしたのは、彼女の大親友でもある坂本龍一が作曲した大島渚監督、デビッド・ボウイ主演の日英豪共同作映画「戦場のメリークリスマス」の神秘的なオープニングテーマ「メリークリスマス・ミスター・ローレンス」に続いて2回目だった。

Sandii performs at “Ocean Peoples” in Tokyo on Aug. 5, 2012

Sandii had limited success with the Sunsetz both globally and within Japan until the band broke up in 1990. She continued with music, often collaborating with her partner Makoto Kubota, until the mid-Noughties when she returned to a youthful pursuit of Hawaiian culture having lived in Hawaii due to her American father’s commitments with the United States Navy. Sandii is now regarded as a hula master and runs a couple of hula dancing schools in the Japanese capital.
以降、Sunsetzは1990年の解散まで日本国内外で成功し、多くはパートナーである久保田麻琴と組み2000年代半ばまで音楽界で活躍した。そして、父が米海軍出身だったため若い頃に接していたハワイ文化のルーツに戻り、フラダンスのマスターとなり、現在はフラダンススクール経営などを通しフラを中心として現役だ。

追伸:1980年代オーストラリアにてSandii & the Sunsetzライブ映像

いち早くCool Japanを先駆けて80・90年代の豪テレビCM

Mr. Okamura, an unforgettable character in NEC ads in Australia during the 1980s and 1990s.

Japan was trending in Australia long before it became flavor of the month in the way it has in recent years courtesy of Cool Japan.
近年の「クール・ジャパン」現象はオーストラリアでは、かなり昔から現れていた。
During the late 1980s through to the mid-1990s, a time when trade friction between a seemingly unstoppable Japan and the struggling United States resulted in such incidents as American autoworkers using sledgehammers to demolish a Japanese car, Australia was slowly moving out of its self-imposed isolation to embrace the Asia-Pacific region and building the firm relationship it now has with Japan. Australia was a pioneer in the Japan Exchange and Teaching (JET) and Working Holiday programs now welcoming thousands of people from all over the world to Japan.
1980年代後半から1990年代半ばの間頃、バブルの影響により日本が世界経済に君臨しそうになったが、それに対して米国経済は後退し、アメリカ人は大ハンマーを使い日本車を破壊するなどの貿易摩擦が起きたと同時にひそかにそれまで無視してきたオーストラリアがアジア・太平洋地域に近づき今のような日本との深い関わり合いを構築し始めた。今、世界中の国々で国際交流などを行っているJETワーキング・ホリデー制度の日本への参加の先駆けだった。
Part of Australia’s embracing of Japan during this time came through the “Japanese character” often picked up by advertisers for use on Australian TV, a trend that Mitsubishi Australia began in a 1978 ad featuring sumo wrestlers and introducing into the lexicon a still commonly used phrase of “not so squeezy” to describe a roomy atmosphere (or, alternatively when used ironically, a tight spot). This trend also made NEC’s character, Mr. Okamura, and the fisherman in the John West commercials, popular across the country.
バブル当時、オーストラリアは日本に近づこうとした。その一環としてテレビCMで「日本人キャラ」を起用することがあった。1978年三菱の豪現地法人がはじめだった。キャビン・スペースが広いトラックのCMでの、「Not so squeezy」(きつくないという意味が、皮肉的に使う場合も稀ではない)が今でもオージー英語でよく使われている。また、NECのキャラだった「Mr.Okamura」や焼津の漁師は今でも多くのオーストラリア人にとって懐かしい思い出である。

Aussie Pair in Contention for one of Japan’s Top Talent Contests

Ayano Wakayama (left) and Runa Takahashi, Aussie finalists in the 13th Japan Bishojo Contest

A pair of Gold Coast teens are among the finalists in the 13th Japan Bishojo Contest, a beauty and talent pageant for young women that has been the launching pad for some of Japan’s top female performers over the past 25 years.
Aussie-born Gold Coast residents Ayano Wakayama and Runa Takahashi are among the 21 finalists in the contest to be decided in Tokyo on Aug. 25, 2012.
The contest is open to young women aged 13 to 20 who want to become a star. Among the previous prizewinners in the contest who have gone on to become prominent performers in Japan include stars such as Aya Ueto, Ryoko Yonekura and Kaori Mochida.
Both Ayano and Runa are 14-year-old, Year Nine students from the Gold Coast. Ayano’s hobbies include ballet and other forms of dancing, while Runa enjoys horseriding and skiing.
Ayano Wakayama Promotional Video
Ayano Wakayama Profile (Japanese)

Runa Takahashi Promotional Video
Runa Takahashi Profile (Japanese)

13th Japan Bishojo Contest Official Site (Japanese)
Vote (and see current voting results) here.

Tets-J Doing a Dinkum Bewdy of a Job Spreading Indigenous Aussie Culture in Japan

Tets-J (center) plays with Jibucon in Minami Machida on July 29, 2012

Tets-J is one of the great unsung heroes promoting Australian culture in Japan, and he’s even more remarkable for advancing indigenous Aussie culture.
Tets-J learned about the didgeridoo while staying in Melbourne, taught himself how to play, then returned to Australia’s Arnhem Land and studied under Djalu Gurruwiwi, a master didgeridoo player and member of the Yolngu people.
He has devoted his life to spreading indigenous Australian culture throughout Japan, which he does through his performances, his store, Dinkum Japan, classes, lectures, workshops and live performances he gives across the country, as he is currently doing on weekends in Tokyo.
Aboriginal Cultural Week Vol. 2, the collection of lectures, workshops and live performances, has two final sessions remaining on Aug. 4 and Aug. 5 at the mont-bell Grandberry Mall store in Machida, on the outskirts of Tokyo.
The workshops, which aim to give participants an opportunity to experience first-hand indigenous Australian culture and include the Aboriginal-influenced Tjangala Cafe in Ibaraki Prefecture among their supporters, include a gallery of photos and Aboriginal art, workshops on dot or bark paintings, boomerang or mini-didgeridoo decoration, a seminar on mainly Yolngu lifestyle, culture and customs and end with a night-time performance.
Items related to indigenous Australia are also on sale at the event. Performing at the concert on Aug. 4 with be didgeridoo players OMI and Tets-J, while the week will wrap up the following day with a show by Wago.jp (和豪.JP), a duo featuring tsugaru shamisen and didgeridoo.
As the week is directed toward a Japanese audience, events are conducted in Japanese. A small materials charge applies for some of the workshops, and advance reservations need to be made, while performers busk in their shows.
Tets-J is shown in the clip below, playing with Jibucon, in Minami Machida on July 29, 2012.

Tets-J Official Site (Japanese)
Dinkum Japan (Japanese)
Djalu Gurruwiwi Official Site
Jibucon Official Site (Japanese)

日本マクドナルドのAussie Deliバーガーが豪Maccasらしくない!

The Aussie Deli, on sale in Japanese McDonald’s restaurants from late-August, 2012

 現在日本マクドナルドが全国で「世界の★★★マック」キャンペーンを実施中で8月下旬からオーストラリア風のAussie Deliバーガーを発売することになっているが、そのオージー・デリがオージーらしくない上にオーストラリアのマクドナルドで販売されたことがない。
 「Deli」バーガー類が2004年から2010年の間マクドナルド・オーストラリアのメニュにあったが、今回販売されるAussie Deliとそっくりな物はなかった。現在のメニュでも、マクドナルド・オーストラリアでは似ているものがない。あると言えば、ブレークファーストメニュのボストン及びニューヨーク風ベーグルしかない。

McDonald’s Japan’s Aussie Deli

 日本マクドナルドの「世界の★★★マック」キャンペーンでは、Aussie Deliがこのように説明されている『「オージーデリ」は、ふっくらとしたスチームバンズに、オージービーフを使用したパストラミビーフをたっぷりとサンドしました。イエローマスタードソースと香味野菜のソースがビーフの旨みを最大限に引き出した、オーストラリア生まれのおいしさです。』
 「オーストラリア生まれのおいしさ」というが、豪生れのはオージービーフとAussie Deliというネーミング以外、中身が少しでもオーストラリアらしくない。Aussie Deliの中心素材であるパストラミビーフはもともとヨーロッパなどで食べられて北米で人気になったが、オーストラリアで決して広く食べられていると言いえない。オーストラリアでは絶対にサンドイッチやバーガーの主流材料ではない。

The McOz Burger, a Maccas sandwich with typically Aussie flavors like pineapple, beetroot and sauce.

 なので、名前がAussie Deliとは言え、オージーの中身が使われているビーフにしか過ぎない。
 だが、Aussie Deliが全くオージーらしくないことを別にしておいて、今昔オージーらしいバーガーがオーストラリア・マクドナルドが実際に販売している。
 それがかつて販売したMcOzというハンバーガーだった。
 そのハンバーガーの中身にはオーストラリアらしいハンバーガーに欠かせない素材であるパイナップルかビーツやタマゴにBBQソースがあった。
 典型的なオージー・バーガー風味だ。

 このバーガーの復活版と言って良いほど似ているものが今、ロンドンオリンピックに伴っているキャンペーンメニュに含めている。そのキャンペーンメニュの目玉がSydney Stackというハンバーガーがあり、McOzと同じようにオージーバーガーっぽい上記の素材は全部入っている。これらのバーガーこそが本格的なオージーマック味だ。
 マクドナルドが本格的なオージー食を日本に提供しようとしていないかもしれないが、それにも関わらずオージー英語に興味ある方にとって面白いことかもしれないのがストライン(オージー英語)を取り入れている例が見える。それはブレークファーストメニュのAussie Brekkie Wrapだ。

 実は、マクドナルドがオージー英語だけでなく、英語全体に影響を与えている。もともとマクドナルド社がカフェがマックカフェなどと呼ばれているように自社ブランドの商品名などに「マック」をつけることがあった。そこから「マックワード」が出来た。一つの例として、大手の建築会社がハンバーガーのように量産された大型の分譲住宅がマックマンションと呼ばれている。

McDonald’s Japan’s Aussie Deli with Cheese

 また、低賃金、待遇劣悪、マニュアルに沿うだけの単調で将来性のない仕事がマックジョブと呼ばれてる。
 言語に与えた影響がマクドナルド名にまで影響が及んだ。オーストラリア英語ではマクドナルドが一般にMaccasと呼ばれている。マクドかマックで日本語で場所によってマクドナルドの呼び名とが違うということは英語圏をはじめ世界中で見られる面白い現象だ。
 下記の表では、世界ヵ国のマクドナルドの呼び名を掲載している

世界各国・言語のマックドナルドニックネーム

マックドナルドのニックネーム備考
米国、他英語圏Golden Arches金のアーチという意味(ロゴの黄色なM字が二つのアーチに見えることが由来)
北米Mickey Dees
北米McDicks
オーストラリア、ニュージーランドMaccas
英国Mackey-D's
英国Placcy-D'sPlaccyはプラスチックが由来。プラスチックような味という意味を込める。
フランスMcDo
カナダ(フランス語圏)MacDoh
ドイツMekkes
ドイツMekki
ドイツDer Schotte 「スコットランド人」という意味。「Mc」がよくスコットランド人の名前に使われていることが由来。
ドイツMcDoof「マック馬鹿」という意味。
メキシコMcDonaldos
メキシコ(スラング)McDonas
日本マック
マクド
香港(スラング)Mak Kee
ニュージーランドMcDee's
スコットランドMcD's
スウェーデンDonken,
ハンガリーMeki
ローマニアMec
カンボジアMac Doh No
フィリピンMcDo
チリPat Panepinto Mart
カナダ(英語圏)Rotten Ronnie Oddo's
カナダ(英語圏)Ronchin Ronnies

なでしこジャパンvs豪州マティルダズ戦

Nadeshiko Japan takes on Australia’s Matildas at the National Stadium on Tokyo on July 11.

 日本の世界チャンピオンなでしこジャパンが11日東京の国立競技場でオーストラリア代表「マティルダズ」とロンドン五輪壮行試合で対戦する。
 試合が午後5時でキックオフする。なでしこジャパンの方が圧倒的に強いなので、オリンピックの練習になるかどうかが疑問だが、日豪サッカー伝統のもうひとつの例となれればいいな。
 フジテレビが試合を生中継する。
 日本国外にいれば、オーストラリア放送局(ABC)のウェブサイトがストリーミングで中継する(英語解説)。
 ちなみに、なでしこジャパンの「なでしこ」は日本の花の一つとして名づけられたが良く知られているが、マティルダズの由来は分かる?マティルダ(matilda)は、英語で「雌カンガルー」を示す言葉だ。(雄はブーマーというが、豪代表サッカーチームはサッカールーズといい、ブーマーが全豪バスケ代表に使われている)。

Japanese long-term resident numbers double Down Under

Japanese long-term residents in Australia doubled over the course of the Noughties, according to the recently released 2011 Australian Census.
The number of Japanese speakers residing permanently in Australia grew from 1,002 to 2,032 from 2000 and 2010, representing a 102.8% change.
The 2011 Census showed there were 21,507,730 people in Australia, of who 43,692 are Japanese speakers.
The total population of Japanese speakers in Australia was made up of 59.1% females and 40.9% males.
And only 204 speakers were involved in a same-sex couple.
Popular suburbs for long-term Japanese residents of Down Under to live in were Chatswood (NSW), Melbourne (VIC), Southport (QLD), Adelaide (SA), South Perth (WA), Sandy Bay (TAS) and Yulara (NT).
For more details of the long-term Japanese presence in Australia, highly recommended is the SBS Census Explorer.
More general information on the 2011 Census can be found here.