Tag: World War II

A Little-Known, Bizarre Australia-Japan Christmas Story

A memorial to Japanese military members on Christmas Island.

A memorial to Japanese military members on Christmas Island.

Dec. 25, the original date of this post, is Christmas Day, but Christmas also gives its name to an island with a little-known — and bizarre — role in Australia-Japan relations.
 元々この記事がアップされた12月25日は、クリスマスの日だが、「クリスマス」も知られざる日豪歴史の不思議な面白いエピソードに関わった島にも使われている。
An Australian territory, Christmas Island was with Nauru and parts of New Guinea parts of Australian-governed lands the Japanese occupied during World War II.
クリスマス島は、第二次世界大戦中ナウル、ニューギニアの一部に次ぐ大日本帝国海軍に占領されたオーストラリア領土だった。
A Japanese nameplate dating to the World War II occupation found on Christmas Island.

A Japanese nameplate dating to the World War II occupation found on Christmas Island.

There’s an interesting tale behind Japan’s wartime occupation of Christmas Island, though.
そして、大日本帝国海軍のクリスマス島占領について面白いハプニングがあった。
It was long thought the island would be targeted because of its rich phosphate deposits.
Indeed, the Imperial Japanese Navy headed to the island in March 1942. The Allied troops defending Christmas Island realized they were outnumbered by an overpowering force, dismantled the island’s defenses and raised a white flag of surrender. The Japanese, however, sailed away. Once again, the Allies raised the Union Jack.
クリスマス島はリン酸塩が豊富であり、そのため開戦まもなく連合軍が日本軍の攻撃を期待していた。案の定、1942年3月大日本帝国海軍が同島を近づいた。連合軍が勝ってない相手として見なして降伏するために白旗を揚げたが日本帝国海軍が反応しなくその場を去った。不思議がっていても連合軍が再びユニオン・ジャックを揚げた。
Days later, though, members of the British Indian force mutinied, overpowered and killed their British officers and interred the remaining Europeans on Christmas Island. The Indian mutineers then invited the Imperial Japanese forces to take over the island, which they did under the command of Rear-Admiral Shoji Nishimura.
 だが、数日後、連合軍のインド系の軍人が氾濫を起し、イギリス人司令官を殺し、オーストラリア人などヨーロッパ系の人々を監禁した。そして、大日本帝国海軍を呼びかけて西村祥治海軍中将下で占領が始まった。
Imperial Japanese Navy Rear-Admiral Shoji Nishimura

Imperial Japanese Navy Rear-Admiral Shoji Nishimura

Sabotage by workers ensured Japan gained little phosphate and it soon withdrew all but a token force from Christmas Island, which was handed to Australia to govern following Japan’s defeat in World War II. Australia continues governing Christmas Island through to today.
しかし、労働者のサボタージュなどによる、結局リン酸塩取得量がほとんどなく数人の兵士を除き、すぐクリスマス島から去った。日本の敗戦後クリスマス島がオーストラリア領土となり、今でもその状態が継続している。
More About Christmas Island

Christmas Island 2/7
Christmas Island 3/7
Christmas Island 4/7
Christmas Island 5/7
Christmas Island 6/7
Christmas Island 7/7
The Mystery of Christmas Island, March 1942

シドニーで旧日本海軍特殊潜航艇周辺をダイビングが可能に

One of the Imperial Japanese Navy midget subs involved in the 1942 attack on Sydney Harbor

 世界第二次大戦中の1942年に、大日本帝国海軍の3隻の特殊潜航艇がオーストラリア、シドニー湾を攻撃して、その後3隻雷撃で沈没した。
 3隻特殊潜航艇のうち2隻がすぐに見つけられたが、3隻目はなかなか表れなかった。そして、ようやく2006年にダイバーがシドニー湾に3隻目の特殊潜航艇
豪政府は沈没した特殊潜航艇周辺が危険性あるとして接近禁止したが、この頃安全を確認し、つい今週になってからダイビングを許可することになった。
現地の報道局ニュース

Sydney sub wreck opened to divers(英語)

Lest We Forget Japan’s Role in Creating the ANZAC legend

HMIJS Ibuki (left) and HMAS Melbourne escorting ANZAC troops to Gallipoli

ANZAC Day, April 25, has become an almost holy day on the Australian calendar in the early 21st century as the country celebrates the efforts and sacrifices of its military personnel since it first went to war as a nation at Gallipoli in 1915, but few remember Japan was an ally that played a vital role in creating the ANZAC legend.

 21世紀初期現在、ANZAC Day(4月25日)がオーストラリアでは、1915年に国として初めて戦争を体験したガリポリをはじめ復員兵などの努力や犠牲を称える聖なる日のような存在となっているが、そのANZAC伝説づくりに味方としての日本の大きな貢献がほとんど知られていないのだ。