Tag: Rolf Harris

くたばれロルフ・ハリス!日本人に任せ!

Tie Me Kangaroo Down SportPeanuts Tie Me Kangaroo Down SPort50代以下オーストラリア人及びイギリス人であれば、間違いなくロルフ・ハリスという芸能人の存在が分かるはずだ。1950年代後半以降同人物が子供を中心にイギリス在住でありながら出身国であるオーストラリアのことを全身全霊でPRし続けた。イギリス・オーストラリアを中心にものすごく愛され、両国のほとんどの人にとって「大好きなおじさん」のような存在だった。しかし、明るい表向きの顔の裏面は暗く虐待的な性格を隠したようだ。今週、小児虐待罪として5年9か月の実刑判決が下れた。虐待疑惑が浮上した2012年末頃からほぼ誰でも信じられなかったが、徐々にハリス受刑者の行動パターンが明確となり、約30年間に渡り自分の実娘のベスト・フレンドをはじめ数多くの未成年女性を性的に虐待した事実が明らかとなって有罪判決に至った。考えRoo自身をはじめ、ハリス受刑者を愛した何百万の英・豪人がこの事実にショックと痛みで受けた。
今では、ハリス受刑者が日本で知られていないと言っても過言ではないと思う。でも、いつもそうじゃなかった。1960年代前半、ハリス受刑者の多数中の最も大きなヒット曲「Tie Me Kangaroo Down, Sport」が日本でもひそかなファンを集めた。それほどヒットしなかったがザ・ピーナツ及びダニー飯田によって原版のオーストラリア動物の言葉遊びの歌詞をもてない男の話をコミカルに替えてシングルとして発表された。
 いずれにせよ、子供大好きなキャラとして売れたハリス受刑者が今84歳。今からイギリスの刑務所で禁固生活が始まる。何とも言えない複雑な感情だが、日本語の替え歌のように悲しい気持ちでいっぱい。が、曲と違って、コミカルな味気がない。

クラシック豪テレビの各種「Stairway to Heaven」が面白い

Rolf Harris and his wobbleboard

Rolf Harris and his wobbleboard

 伝説的なオーストラリア人であるロルフ・ハリス氏が6日再びイギリスで性的虐待容疑で逮捕されたが、多くの人がその83歳になる主に英国で活躍した芸能人がしたとされていることを信じていない。
 オーストラリア・イギリス両国だれでも知っているハリス氏は、1950年代から始まった歌や描きなど子供を中心に行なったパフォーマンスが暖かい思い出となっている。ハリス氏の面白い歌の特徴が「Tie me Kangaroo Down, Sport」のようなオーストラリアがテーマである上、ディジェリドゥやご自身発明のウォッブル・ボードを使うことだった。
 まだ現役パフォーマーとは言え、ハリス氏が最後に大ヒットしたのは1993年発表したレッド・ツェップリン「Stairway to Heaven」を自分風にカバーして英国、豪州、他No.1となった。(その後、ツェップリンのロバート・プラント氏とジミー・ページ氏が恩返し<?>としてハリス氏曲をカバー版出した、、、。)
 実は、ハリス氏がこの曲を作ったのは、「The Money or the Gun」というクラシックオージーテレビ番組のためだった。その番組は1988年から1990年の間に上映され、番組の一コーナーが色々なミュージックのジャンルによって同曲を弾く。ハリス氏の他の例としてビートルズ風かゴスペルやオペラ。以下が各種の「Stairway to Heaven」やその詳細。ツェップリンのファンが見逃せない内容だ!
Rolf Harris – Stairway to Heaven (豪風コメディ版)

Leonard TealeStairway to Heavenドラマ風の詩

Stairway to Heaven (オペラ版)

Stairway to Heaven (フェム・ファテレ版)

Stairway to Heavenドアーズ風版)

Stairway to HeavenB-52s風版)

Stairway to Heavenプレスリー版)

Stairway to Heavenビートルズ風版)

Stairway to Heavenレゲエ版)

Stairway to Heavenスイング版)

Stairway to Heaven (パンク版)

Stairway to Heaven (歌謡曲風版)

Stairway to Heavenラウンジ・ミュージック風版版)

Stairway to Heavenア・カペラ版)

Stairway to Heaven (ワイルドなコメディ版)

Stairway to Heaven (テレビCMのBGM風版)

Stairway to Heaven (ファンク風版)

Stairway to Heavenゴスペル風版)

Stairway to Heavenブロードウェイ・シアター風版)

Stairway to Heaven (オーケストラ風版)

Stairway to Heavenガール・グループ風版)

Stairway to Heaven (サイカデリック風版)

Stairway to Heaven (ブルース風版)

Stairway to Heaven (テクノ・ダンス風版)

Stairway to Heavenヒルビリ・ロック風版)

豪のクリスマス・ソング:Six White Boomers

SixWhiteBoomersオーストラリア風のクリスマス・ソングの中では「Six White Boomers」が伝説的な存在となっているかもしれない。
 理由が多数ある。
 まずは、1960年にリリースされたので恐らく初めて広く知られたオーストラリア風のクリスマス・ソング。
 そして、歌ったのはロルフ・ハリス氏という多彩なパフォーマーだった。今でも82歳にもなっている同氏がイギリスでは「典型的なオージー」を思い浮かばせるだろう。
 同氏がオーストラリア・イギリスを始め、広く・深く・長く愛されている。歌だけでなく、絵も上等、話術も最高だし、漫画もすぐる手入るし、少年時代では水泳チャンピオンだったハリス氏。
 この曲はサンタがオーストラリアにやってきた時にはトナカイの代わりにカンガルーの力でゾリを動かしたという話だ。
 曲にでるブーマーは「熟成している雄カンガルー」という意味だ。

SIX WHITE BOOMERS
Early on one Christmas Day, a Joey Kanga-roo,
Was far from home and lost in a great big zoo.
Mummy, where’s my mummy? They’ve taken her a-way.
We’ll help you find your mummy, son. Hop up on the sleigh.

Up beside the bag of toys little Joey hopped,
But they hadn’t gone far when Santa stopped.
Unharnessed all the reindeer and Joey wondered why,
Then he heard a far off booming in the sky.

Six white boomers, snow white boomers,
Racing Santa Claus through the blazing sun.
Six white boomers, snow white boomers,
On his Australian run.

Pretty soon old Santa began to feel the heat,
Took his fur-lined boots off to cool his feet,
Into one popped Joey, feeling quite okay,
While those old man kangaroos kept pulling on the sleigh.

Six white boomers, snow white boomers,
Racing Santa Claus through the blazing sun.
Six white boomers, snow white boomers,
On his Australian run.

Joey said to Santa, Santa, what about the toys?
Aren’t you giving some to these girls and boys?
They’ve got all their presents, son, we were here last night,
This trip is an extra trip, Joey’s special flight.

Six white boomers, snow white boomers,
Racing Santa Claus through the blazing sun.
Six white boomers, snow white boomers,
On his Australian run.

Soon the sleigh was flashing past, right over Marble Bar,
Slow down there, cried Santa, it can’t be far,
Come up on my lap here, son, and have a look around.
There she is, that’s Mummy, bounding up and down.

Six white boomers, snow white boomers,
Racing Santa Claus through the blazing sun.
Six white boomers, snow white boomers,
On his Australian run.

Well that’s the bestest Christmas treat that Joey ever had,
Curled up in mother’s pouch feeling snug and glad.
The last they saw was Santa heading northwards from the sun,
The only year the boomers worked a double run.

Six white boomers, snow white boomers,
Racing Santa Claus through the blazing sun.
Six white boomers, snow white boomers,
On his Australian run.

An Aussie Chrissie (オーストラリア独特な英語によって物語れている物語)
Strine Dictionary
Rolf Harris Official Website