Category: Unknown Nichigo

くたばれロルフ・ハリス!日本人に任せ!

Tie Me Kangaroo Down SportPeanuts Tie Me Kangaroo Down SPort50代以下オーストラリア人及びイギリス人であれば、間違いなくロルフ・ハリスという芸能人の存在が分かるはずだ。1950年代後半以降同人物が子供を中心にイギリス在住でありながら出身国であるオーストラリアのことを全身全霊でPRし続けた。イギリス・オーストラリアを中心にものすごく愛され、両国のほとんどの人にとって「大好きなおじさん」のような存在だった。しかし、明るい表向きの顔の裏面は暗く虐待的な性格を隠したようだ。今週、小児虐待罪として5年9か月の実刑判決が下れた。虐待疑惑が浮上した2012年末頃からほぼ誰でも信じられなかったが、徐々にハリス受刑者の行動パターンが明確となり、約30年間に渡り自分の実娘のベスト・フレンドをはじめ数多くの未成年女性を性的に虐待した事実が明らかとなって有罪判決に至った。考えRoo自身をはじめ、ハリス受刑者を愛した何百万の英・豪人がこの事実にショックと痛みで受けた。
今では、ハリス受刑者が日本で知られていないと言っても過言ではないと思う。でも、いつもそうじゃなかった。1960年代前半、ハリス受刑者の多数中の最も大きなヒット曲「Tie Me Kangaroo Down, Sport」が日本でもひそかなファンを集めた。それほどヒットしなかったがザ・ピーナツ及びダニー飯田によって原版のオーストラリア動物の言葉遊びの歌詞をもてない男の話をコミカルに替えてシングルとして発表された。
 いずれにせよ、子供大好きなキャラとして売れたハリス受刑者が今84歳。今からイギリスの刑務所で禁固生活が始まる。何とも言えない複雑な感情だが、日本語の替え歌のように悲しい気持ちでいっぱい。が、曲と違って、コミカルな味気がない。

Downpour in Tokyo

Not really related to Kangaeroo.com, but an amazing downpour hit Tokyo on the afternoon of June 29, 2014, and it deserved to be recorded.
Fortunately, nobody appears to have been injured in the massive deluge that struck the capital that had been basking in glorious sunshine just minutes earlier (and would return to relatively fine conditions within an hour).
So much for climate change deniers…

Osaka’s Touch of Australia’s Great Wave


The 1970 Osaka World Expo was a boon for Japan’s second-largest city, then, like the rest of the country, enjoying the postwar boom that propelled Japan from the brink of destruction to being the No. 2 economic power in the world.
Pavilion1970年に行われた大阪万国博覧会は、当時高度成長期真っ最中商業地域であり日本第二都市である大阪にとって世界に披露する機会を与え、思い切ってその素晴らしさを見せた。
Better PavilionAustralia, too, was still enjoying unprecedented prosperity in 1970, and it showed with its amazing pavilion at the Osaka showcase.
当時、オーストラリアも景気が良かったし、万博で見せたご立派な「オーストラリア館」もその証拠と言えるだろう。
The pavilion, modeled on Katsushika Hokusai‘s The Great Wave at Kanagawa, was at the end of the Expo donated to Yokkaichi, Mie Prefecture, which is Sydney’s sister city. It was supposed to be a symbol of the “eternal” friendship between Japan and Australia.
北斎「神奈川沖浪裏」をモチーフにした同館は、万博終了後シドニーの姉妹都市である三重県四日市市に移動し、日豪友情の「永遠シンボル」として博物館などとして使われた。
After almost 45 years, and picking up a giant platypus used in the 2005 Aichi World Expo along the way, the Australia Pavilion was condemned in November 2013 and will be demolished, though it currently remains in place.
が、2005年愛知万博で展示した巨大カモノハシを展示などを含めてほぼ45年間日本でオーストラリアのシンボルとして存在した同館は、2013年11月廃棄することが決定された。2014年6月現在、まだ四日市市にあるままが、取り壊されるのが時間の問題だ。

Cop a Gander of these, too, Cobber…
Nissan Bluebird Oozui: When Australia (Briefly) Exported Cars to Japan
Aussies Exposed to Radiation in Japan – 65 Years Ago
Oops! Austrian textbook error sparks online calls for Japanese to boycott Aussie Beef
The Strine Why Atorkin: Plain English
日本人移民、オーストラリアの米産業成功の父となる

Australian Football’s Tokyo Area ‘Samurai’ Off to the World Cup



Australia rarely makes the news in Japan, so it’s interesting to see it on the front page of the Asahi newspaper June 4 evening edition.
The story is about Japan’s Aussie Rules team, the Samurais, who’ll be battling it out in the International Cup starting from June 8.
Japan has a really small, but thriving, Australian Rules competition, with two leagues (including several all-Japanese teams), the Eastern League, centering on Tokyo and surrounding areas, and the Western League, comprising Osaka and Nagoya.

Here’s an excerpt from the Asahi report:

サッカー・ワールドカップ(W杯)大会が迫るなか、「世界で最も激しい」というフットボールの世界大会も8月に開かれる。それってラグビー? いえいえ、オーストラリアンフットボール。豪州では国技と言われる大人気のプロスポーツだ。5大会連続で出場する日本代表も、追い込みに入っている。

A translation: Just as the soccer World Cup is about to hit us, another football world championship — this one promising to be the world’s toughest — is going to start in August. What’s it for? Rugby? Nope. Aussie Rules. It’s the national sport in Australia and a professional sport. Japan’s national team has taken part in the past five International Cups and it’s about to take part in the next one.

All Japan Samurais
AFL Japan
Japan Samurais Members