Category: Strine Strife

Ringo’s Ring-in, Awesome Aussie Anime Highlight the Fab Four’s Oz Oddities

Beatles DidjeridooJust as the Beatles created an iconic scene with their 1966 arrival in Tokyo wearing traditional Japanese happi coats, so too did the Fab Four make waves when they toured Australia two years earlier at the height of Beatlemania and establishing a quirky relationship with Down Under at the same time.
 羽田空港にてハッピー姿で飛行機から降りたビートルズが日本で1996年講演の代表的な場面となった同様、その2年前オーストラリアに訪ねた時も「豪州らしい」イメージがあると同時に同バンドがオーストラリアとの一味違う関係を築いた。
Australia’s archetypical Beatles image features the Fab Four standing around while holding didjeridoos, an indigenous Australian instrument that Ringo Starr on the far left of the picture appears to be tackling with greater fervour than bandmates Paul McCartney, John Lennon and George Harrison.
 その典型的な「オージーっぽい」場面は、1964年6月に撮られた4人が豪州先住民の楽器であるディジェリドゥを吹いている写真だ。立派な写真だが、問題が一つあった。
It’s a great pic, but the only problem is that Ringo’s involvement in the Beatles’ June 1964 antipodean jaunt had been curtailed by illness and his place at the drums was taken by a ring-in called Jimmie Nicol, whose 11-day stint with the band appears to have created lifelong upheaval. Ringo fell ill on June 3, 1964, just days before the Beatles were due to play concerts in Australia as part of the band’s first world tour. Nicol was quickly roped in to take over and played eight gigs in Ringo’s place until the mop-topped regular could return. His figurative 15-minute stay finished, Nicol returned to obscurity, but not before taking part in the only five-member Beatles news conference ever given, which took place in Melbourne on June 14, 1964, upon Ringo Starr’s recovery and arrival in Oz.

The Beatles with Jimmie Nicol (center) arrive in Sydney in June 1964.

The Beatles with Jimmie Nicol (center) arrive in Sydney in June 1964.

 写されているリンゴ・スターがビートルズの一員でありながら、オーストラリア講演初期頃リンゴがいなかった。病気で出演不可能だったリンゴの代わりに、急にジミー・ニコール氏という人がビートルズのドラマーとなった。後は苦い想いとなったらしいが、同年6月3日からリンゴがメルボルンに着く14日の間ニコール氏がビートルマニア絶好期真っ最中に同バンドのメンバーだった。リンゴがビートルズに戻った14日以降ニコール氏がイギリスに帰り、以降無名な人となった。が、1964年メルボルンで行ったビートルズ5人体制の唯一に参加した。
Nicol’s presence was a quirk of fate that started a somewhat left-field relationship with Australia, which surprisingly made the land Down Under an anime superpower then surpassing Japan despite Osamu Tezuka having made inroads into the world’s important markets with his cartoons. And this could be attributed to the Beatles.
 ニコール氏のツアー参加がビートルズとオーストラリアのちょっとした変わった関係の始まりだったかもしれない。その思わず成果の一つが、当時手塚治虫などが各国で日本のアニメが人気を越えてオーストラリアを世界的なアニメ大国にしたことだった。その今想像がつかない現象は、ビートルズのおかげだった。
Almost unknown in Japan despite running here possibly from as early as 1968, The Beatles cartoon series ran from 1965 to 1969 and was an enormous ratings hit in every country in which it showed. And nearly all of the 39 episodes in the series were produced in Sydney’s Artransa Studios, momentarily making Australian animation production a global leader.
Beatles Cartoon 上映したが今ほとんど知られていないカートゥーンが「ザ・ビートルズ」が1960年代後半世界中に大ヒットした。そして、全39編カートゥーンのほとんどがなんと、シドニーにあるアートランサ・スタジオで制作された。上映した1965年から1969年の間。視聴率が圧倒的に高かったカートゥーンのおかげでオーストラリアが制作のメンではアニメのグローバル・リーダーと言っても過言ではない。
Despite the enormous success of the Beatles’ 1964 tour of Australia, the band never played there again despite coming close in the 1966 ill-fated Far East tour fondly remembered in Japan for the happi coats, but also the scene of right-wing fanaticism that was ultimately instrumental in the Beatles deciding later that year to give up touring for good.
 1964年豪ツアーの大成功にも関わらずに度と同国でバンドとして講演することはなかった。来日した1966年の極東ツアーにもオーストラリアを取り入れる話もあったが結局あのハッピー姿の場面とフィリピンしか行かなかった。また、日本で右翼の猛反対などがあったからツアー自体を辞める決意に大きく影響を与えた。

The Only 5-Member Beatles News Conference (Melbourne, 1964)

The Beatles on YouTube

The Beatles in Australia

日豪味深い映画「ウルヴァリン: SAMURAI」の和風ポスター盗難問題

 ヒュー・ジャックマンが主人公、日本が舞台などWolverine日豪味深い映画「ウルヴァリン: SAMURAI」の墨絵風PRポスターが米国では盗まれっぱなしだ、とメルボルンエイジ紙が23日報道した。
The Wolverine, a movie with strong Australia-Japan connections with Hugh Jackman as its star and much of the action taking place in Japan, is being plagued by people stealing its Japanese-influence sumi-e posters, according to the Melbourne Age on April 23.
 約20年前日本でもSMAPの木村拓哉の公な場にあったポスターが盗まれた現象と同じように同映画主人公であるヒュー・ジャックマンがイケメンの上に和風人気が恐らく原因であるポスター盗難が人気ぶりの証しとして配給会社20世紀フォックスにとって矛盾でありながら嬉しい悩みだ。
In a phenomenon similar to that seen in Japan about 20 years ago when women were stealing posters featuring SMAP performer Takuya Kimura‘s posters from public areas, distributor 20th Century Fox faces the mixed pleasure of seeing proof of the upcoming movie’s popularity in the theft of the materials used to promote it, probably because of the popularity of its heartthrob star, Hugh Jackman, in addition to the Japanese flavor of the flyers.
 「ウルヴァリン: SAMURAI」は、X-メンシリーズ最新作であり、日本で9月上映し、オーストラリアがその2か月前から。同映画撮影が主にオーストラリアと日本で行い、主人公がオーストラリア人であり、真田広之TAORILAなど支援役のほとんどが日本人で舞台が日本だから日豪色が濃い映画である。
WolverineIIThe Wolverine is the latest installment in the X-Men series of movies based on the popular comics. It opens in Australia in July and in Japan two months later. It has strong appeal for both Australia and Japan, with its Aussie star Jackman supported by Japanese actors of the ilk of Hiroyuki Sanada, Tao Okamoto and Rila Fukushima, while the movie is set mostly in Japan and much of the filming occurred in Australia and Japan.
 それに伴って、海外では映画の日本関連性を強調して宣伝しているようだ。その作戦ひとつとしては墨絵風の映画ポスター。同ポスターはジャックマン氏が演じるウルヴァリンを墨絵風で描かれている。
The Japan angle is apparently being plugged strongly in promotion of the movie outside of the land where it’s set, which led to the sumi-e poster, which features Jackman depicted as his Wolverine character.
 20世紀フォックスによると、米国内で同ポスターがあまりにも人気であるため張られているバス停の約5割から盗まれているし、新たに貼れなければならないようになっている。
20th Century Fox officials have apparently had to replace about half of the posters on bus stops around the United States as fans pocket them.

The Wolverine Official Site
‘Die Jockey,’ ‘Pyscho,’ ‘Odds Calais Summer Days’ & Hugh Jackman’s Other Japanese Lessons

Aisha the Geisha Says ‘Nah, Nah’ to Her Goon

Memoirsofanaisha_herolrgAisha the Geisha, Koo Wee Rup‘s greatest export to Japan, reveals the heartarche that led to her re-Orienting her life goals in the mystical East while the love of her life was left in Nar Nar Goon, dealing with a rising son of his own…

***Catch MEMOIRS OF AN AISHA at the Melbourne Comedy Festival, April 10-21***
Book at http://comedyfestival.com.au or http://www.revoltproductions.com

AishaGirls
HOT TUB GEISHA
Starring AISHA THE GEISHA
Written & Performed by KATE HANLEY
Director BEC PENISTON-BIRD
Music EMMA HART & LIBBY SHERRING
Music Mix LUKE WILKIE
Additional cast: NATHAN MOSS, EMMA HART, LIBBY SHERRING, LIAM SEYMOUR, DANICA LANI
Camera HEATH MCKINLEY
Producer JIM WRIGHT
Choreography DANICA LANI
Production Design/Costume KIM RITCHIE
Hair & Make-up NATALIE BURLEY, SIMON SETTER
Editor NIGEL KARIKARI

豪2012年最も苦情が多かったテレビCMワースト10

Actifresh 女性の生理用品、宗教そして性的なことをほのめかしが2012年オーストラリアテレビ業界で最も苦情が多かったCM課題だった、とメルボルンのヘラルド・サン紙が18日付で報道した。
 CM苦情ワースト10中、身だしなみ関係が5件を占め、残りが宗教、性差別、内容が過剰に刺激的などの順となった。
 ワースト10テレビCMが下記(苦情が最も多い順)のようだった。

ワースト1
Carefree Actifresh liners

ワースト2
Redbull

ワースト3
Lynx Body Buffer

ワースト4
New Idea

ワースト5
Libra Tampons

ワースト6
Lynx Shower Gel

ワースト7
Frixion Pens

ワースト8
Kleenex Cottonelle

ワースト9
Transport Accident Commission

ワースト10
Energy Australia

元記事: The year’s most complained about ad – Carefree Acti-Fresh Liners commercial

日豪共有バブル廃墟遊園地Atlantis Marine Park

The dilapidated King Neptune from the abandoned Atlantis Marine Park in Perth.

The dilapidated King Neptune from the abandoned Atlantis Marine Park in Perth.

Atlantis Marine Park on the outskirts of the Western Australian capital of Perth would have to be one of the less successful — and lesser-known — projects that Australian and Japanese organizations have carried out together down through the years.
 西オーストラリア州州都であるパース郊外に所在しているアトランティス・マリン・パークは、日豪共同事業としてあまり知られてなく、あまり成功例としてあげられないもの一つだろう。
Atlantis Marine Park was a marine mammal park set up in 1981 by Alan Bond, a business tycoon and Australian of the Year who would become Australia’s richest person and a criminal around his halycon days in the 1980s, and Tokyu Corporation, a Japanese general contractor.
An Atlantis Marine Park brochure.

An Atlantis Marine Park brochure.

 アトランティス・マリン・パークは、1981年に設立された海洋哺乳類を中心とした遊園地だった。歴代オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー及びオーストラリアで最も裕福な人であって、以降詐欺罪で有罪判決されて刑務所に入れられたアラン・ボンド氏と日本ゼネコン東京急行電鉄株式会社(東急)の共同事業あった。
Perth was growing rapidly.
 当時、パース市が急速に成長していた。
Blessed with a sun-drenched climate, experts forecast what was then regarded as the world’s remotest city was predicted to boom.
 気候が良くて、当時世界で最も離れている都市がブームするだろうと予想された。
Atlantis Marine Park, with its dolphin shows, swimsuit clad bevy of workers and Perth’s pristine climate, was supposed to skyrocket from its location in the district of Two Rocks.
A clock (with the then recently married Prince Charles and Princess Diana at 12) from the Atlantis Marine Park.

A clock (with the then recently married Prince Charles and Princess Diana at 12) from the Atlantis Marine Park.

 そして、同市ツー・ロックス地域での素晴らしい天気に恵まれている空のしたに行なうイルカ・ショーや水着姿の美男美女スタッフなどによって同パークも相乗効果からドル箱となるはずだった。
Well, the City of Light did have a great decade, being central in the mining industry that has supported Australia’s economy since the mid-19th century, as well as wresting the America’s Cup out of the 132-year-long stranglehold the New York Yacht Club had held it in up until 1983.
 ま、「光の都市」がニックネームであるパースは予想通り1980年代にはブームとなったが、理由が19世紀からオーストラリア経済の支えとなっている鉱業の実績が良かったが主な理由だった。それに、132年間負けなかったニューヨークヨットクラブを下し、1983年にアメリカズ・カップ優勝に大きく貢献した。
But the Atlantis Marine Park never quite became the drawcard its operators had expected.
 だが、同パークの業績がずーと伸び悩み、経営者が思うように至らなかった。
When dolphins at the park calved, the pressure brought upon operators due to regulations regarding care of the marine creatures was overbearing.
A dolphin show at Atlantis Marine Park.

A dolphin show at Atlantis Marine Park.

 結局、イルカが繁殖した。しかし、新規規制などによるとパーク維持費が莫大的な額となった。
The park became unmanageable and shut down in 1990.
 それによって、経営が破綻し、1990年閉園となった。
Tokyu, then feeling the brunt of a collapse in Japan’s over-inflated asset bubble at the end of the 1980s and early 1990s, was keen to get out.
 当時、日本のバブルが弾けた直後に手が追うえなくなっていた東急も撤去を強く望んだ。
But it didn’t just run away from Atlantis Marine Park.
 しかし、そのまま「知らん顔」をして逃げることはなかった。
Swimsuit-clad workers at the Atlantis Marine Park in its 1980s heyday.

Swimsuit-clad workers at the Atlantis Marine Park in its 1980s heyday.

Indeed, the Japanese giant funded what was then a unique project to release the park’s dolphins back into the wild.
 東急は当時あまり知られていないパークのイルカに対して「野生に返還」企画を全面的に金銭支援をした。
After some hiccups, the program ultimately went on to succeed and become a model for dolphin care.
 最初の苦労を乗り越えた同企画が見事に成功し、以降イルカ・ケアのモデル企画となった。
Now, Atlantis Marine Park is deserted, a fate it shares with many bubble-era theme parks in Japan.
 今、日本のバブル期廃墟園地同様、アトランティス・マリン・パークが人けがないさびしいところとなった。
Detritus remains scattered around the park site, notably a huge statue of King Neptune, now covered in graffiti.
 象徴的ならくがきだらけなネプチューン王像をはじめ、ごみや残骸がパーク跡地のあっちこっちにある。
The Atlantis Marine Park.

The Atlantis Marine Park.

Moves are afoot to try and develop the area.
 同地域を開発する企画があるらしい。
Nothing concrete has been decided as yet, but plans are to keep the King Neptune in place and develop around the one-time lookout.
 だが、具体的な計画がないものの展望台だったネプチューン王像が何らかの企画の中心となることが想像されている。

A look at Atlantis Marine Park
Atlantis Marine Park Photo Gallery

The Lost City of Atlantis – a Digital Story by the State Library of WA

Atlantis Marine Park

豪首相が「人類滅亡」をTVで発表

Australian Prime Minister Julia Gillard announces the end of the world on Dec. 6, 2012.  ジュリア・ギラード豪首相が6日付とある豪テレビ局用に「世界に人類が撲滅する」と発表したことはフェーファックス紙ネット版が報道した。
 幸いにジョークだった。
 終末論の一つとしてマヤ文明が2012年12月21日から23日の間に人類が撲滅するということを連想して世界中に広く課題となっていた。
 この話に伴ったオーストラリアの若者向け全国ラジオ局トリプルJが人類撲滅直前人間を祝うことにした。その一環として、総理大臣が協力することになって、同局が制作するテレビ番組のために一シーンを撮影することになった。
 ギラード氏は、「オーストラリア人仲間、人類撲滅が近づいている。Y2Kでもなくて、(オーストラリアが今年導入して猛反対された)炭素税でもなかった。人類撲滅は、人間食いゾンビであろうが、地獄的な野獣であろうがK-POPの完全統治であろうが、最後まで私はあなたたちのために必死に戦います」と宣言した。
 最後に「ま、人類撲滅であれば少なくとも(政治家を厳しく追及するで有名な番組である)Q&Aでなくてすめるよね」。
 ギラード氏の放送に対して豪国民が賛否両論
 「有権者をバカにするな」や「納税者の血税の無駄だ!」という声も上がる一方「国民のレベルから行動するのがいいな」と「ジュールズ(同氏のあだ名)最高!ちなみに、俺はゾンビだと思うぜ」という反応もある。
 トリプルJの「人類撲滅」プログラムは7日9時(豪東海岸時間)放送される。ネット上でも聞ける。

‘I won’t have to do Q&A again’: PM spoofs end of the world