Category: Strine Dictionary 豪語辞書

Dictionary of Australian English

豪キャブラリー:Yonks

Yonksはオージー英語では「長い期間」を示す言葉。どんなに長いかは定かではないけど、言っている本人が長く感じれば、それで十分当てはまる。
 、、、と言いながら、このごろ考えRooの更新の間の期間がyonksに感じるような~。


英・米語日本語
YonksA long period of time長い期間

豪キャブラリー:Bewdy

Bewdyは典型的なオージー英語のひとつ。素晴らしいこと及び良いことを示す言葉だ。
喜びを示すためによく使われている言葉でもあり、ほとんどの場合は形容詞と共に使い、You little bewdyやYou bloody bewdyのような感じだ。
Bewdyはbeautifulの省略であり、オージー鉛の発音でbeatyの変形した形だ。


英・米語日本語
BewdyBeautiful. (オージー英語では) Something good, wonderful最高、素晴らしい

豪キャブラリー:Heaps

Heapsは象徴的なオージー英語の一つと言えるだろう。オージー英語ではよく使われている言葉であるが、強調する役割しかなく特に意味が深くない。普通の英語のThank you very muchを砕けて言うとThanks a lotと言える。さら、Thanks a lotをオージー英語に「変身」するとThanks heapsと言う。ちなみに、lotとheapsのいずれも「多く」や「積み重なる」と言う意味だ。


英・米語日本語
HeapsA lot
(Used emphatically in a similar sense to “very.” For example, “Thanks, heaps,” would be the equivalent of “Thank you very much.”)
「多く」という意味があり、感謝の気持ちの表れを強調するように使われている。例:Thanks, heapsは、「とても感謝している」という意味

豪キャブラリー:Up yourself

オーストラリアは均等機会社会だと言う意識が高い国だ。社会階級がなく皆平等だと言う思いが全国に広がっている(実際はちょっと違うが、決して格差社会とは言い難い)。
 そこで、天狗になって自慢することがかなり嫌がれている。正当化出来る理由があってもなくてもを別にして、自慢し過ぎり人がかなり評価悪くup yourself(直訳すると「自分に高上り過ぎだ」)と言われる。
 ちなみに、この成功している人やプライドが高い人を引き下げたり、見下したりする行為はTall Poppy Syndromeと呼ばれている。直訳すると「背が高いケシ目症候群」。簡単に説明すると「出る釘が打たれる」と同じようなことなのだ。

英・米語日本語
Up yourselfTo have an over-inflated sense of self-worth自己評価が高すぎる

豪キャブラリー:Whinge

言うのはなんだけど、(残念ながら考えRoo自身を含めて)多くのオージーがぐずることが大好きでまるで国民的な行動と言っても過言ではないかもしれない。オージー英語では、このぐずぐず文句を言う癖(?)は、Whingeと言う。
 皮肉的に多くのオージーの間Whingeと言えばPommy(イギリス人のスラングな言い方)を思い浮かべ、Whinging Pommyが(少し軽蔑を込めて)よく使われている表現だ。
 ちなみに、whingeを頻繁にする人はwhingerと言う。


英・米語日本語
WhingeComplain, whine, moan, grizzleぐずぐず文句をいう

豪キャブラリー:Twit

Twitと言えば多分ほとんどの人がそのマイクロブログTwitterを浮上するだろうが、オージー英語ではtwitは昔からおちょこちょいことをやった人に対して軽く叱る言葉である。言われたら嬉しくなることはないがそれほど強いインパクトがあるような言葉ではない。

英・米語日本語
TwitIdiot, foolバカな人、アホ、ドジ

豪キャブラリー:Divvy van

Divvy van

Divvy vanという言葉を悪者が聞くだけで怖い思いをする。厳密に言えばパトカーという意味だけどカーじゃなくてヴァンを示し、車両の後部分では檻が入って検挙された人がそこに閉じこまれることになる。
 Divvy vanのdivvyはdivisional(<警察の>部隊)の省略だ。
英・米語日本語
Divvy vanPolice van警察車・パトカー